Top

真珠のメンテナンス〜②本当のクリーニングのススメ

ほとんどのネックレスは衣類と同じように肌に接して着けられるものなので汚れていないわけがありません。実際に古い真珠や使っていないのにいざ使おうと手に取ったら白ボケていたり、光沢がなくなっている場合が多々あります。単純に汚れ(皮脂分泌液をはじめ化粧品など)が真珠表面に付着した場合、それを取り去るのは簡単であり布で拭けばよいのですが、その汚れが放置された場合は、拭いて取れる程度ではなくなってしまっているのです。

真珠は数千百層もの炭酸カルシウムの結晶層とタンパク質層が繰り返し積み重なって形成されており、炭酸カルシウム層は酸に弱いため、身につけた際に付着した汗や皮脂、化粧品を放置することで真珠の表面に溶解が起こり、その結果表面に微細な凹凸ができてしまうからなのです。このミクロの凹凸こそが真珠から光沢をうばってしまう犯人なのです。

では変質してしまった汚れはいったいどうしたらいいのでしょうか?そもそも真珠そのものをクリーニングなどできるのでしょうか?

クリーニングとは言葉の本来の意味から言えば、汚れを取り、もとの美しさをよみがえらせる行為のはずであり、汚れをとっても光沢が鈍いままではそれはクリーニングとはいえません。

ではどうやったら光沢をよみがえさせられるのでしょうか?

その答えは洗浄の世界にあるのではなく研磨という世界にあります。真珠を一皮、1ミクロンほど剥けばよいのです。お肌のピーリングのごとく荒れた表皮(溶けてしまった真珠層)を一皮剥くことで下からきれいな層が出てくるのです。研磨することで真珠本来のもつ輝きをよみがえらせることができるのです。


そのクリーニング法とはパールリフレッシャーという真珠科学研究所と日本大学理学部が開発した特殊な機械を使用して、溶けた真珠層の表層を数層だけ研磨します。研磨剤を使用するのではなく、研磨剤が練り込まれた特殊なブラシを使用いたします。真珠層一層の厚みは0.3~0.5ミクロン(1ミクロンは0.001mm)なのでサイズ落ちするほどでは全くございません。

カスタムメイドジュエリーフジコでは、真珠のネックレスの糸替えの際にこの本当の真珠のクリーニングをおすすめいたしております。クリーニングでき るパールは本物に限りますが、肉眼でも核が透けて見えてしまっているようなあまりにもまきが薄い真珠に対しては承ることはできません。黄ばんでしまっ た真珠に関しては紫外線などの影響により変色したものなので元にはもどりませんが、表面を研磨し新しい層をだすことで光沢がよみがえりその結果黄ばみが薄 くなったり、逆に目立ったりすることがあります。


ご注意
このクリーニングはあくまでも購入時のテリを出来る限り修復する作業であり、もともと輝きのない真珠を輝かせるものではございません。

料金はネックレスの長さと大きさによって異なります。例えば一連、珠サイズ9mm未満、59cmまでのサイズですと¥3,240になります。これに糸替え代が加わります。

パールネックレスのクリーニングは店頭にて診断のうえ承ります。
ご来店できない場合は郵送等にて承ります。クリーニングご希望の場合まずは下記のメールフォームからクリーニング前の診断のお申し込みをお願いもうしあげます。折り返しだいたいのお見積もりとご送付手順をお知らせいたします。

お送りいただいてもイミテーションであった場合または診断の結果クリーニングできない場合もございます。お申し込みされる前には、簡単なチェックをお願い申し上げます。

お送りいただきましたご依頼品の診断結果の状態、損傷度によってはテリを修復できない場合もございます。

本サービスのご利用に関しては、ご自身の責任とご費用で、郵送手段をご用意いただく必要がございます。その際の事故・紛失は、郵送業者とお客様でのお話し合いとなります。

真珠のメンテナンス〜③甦った真珠をいつまでも美しく保つエステのススメ

真珠のメンテナンス〜④糸換えのススメ

真珠のメンテナンス〜⑤本当のクリーニングのススメ2017
お送り頂く前のご注意とよくあるご質問をまとめました。

真珠のメンテナンス〜④糸換えのススメ

貴方の真珠、こんな風だったら危険信号!
今すぐ当店にお持ちください。

留具を持って吊るしてみてください。糸が見えていたら糸換えの合図です。
早めの糸換えが肝要な理由は、
糸は、真珠の孔口(穴)の硬いエッジによりいつも擦られています。
糸が緩むということは、撚り(より)の緩み=単繊維が孔口で擦れ切れることであり、その本数がどんどん増えやがては全部が切れてしまいます。
緩むまでは時間はありますが、緩んでから切れるまでは想定外に早いからなのです。
切れてバラけてしまう前に、糸が2.5mm以上見えたら危険状態、早めの糸換えをおすすめいたします。

長さの調整や、壊れていたり使いにくい留め具の交換もこの糸替え時に見直してみることをおすすめいたします。ワンタッチで使いやすく、おしゃれなクラスプでより快適に。

カスタムメイドジュエリーフジコの糸換えに使用する糸は、切れにくく、伸びにくいGPT(高密度ポリエチレン糸)を使用しています。これは糸とはいえプラスチックの ようなもので、伸びない、大変切れにくい丈夫な糸なのです。
※GPTはグンゼ社の商品名(グンゼパワースレッドの略)でそのキャッチフレーズは「水よりも軽く、鉄よりも強く、絹の輝きを持つ、超高強力糸」とありテント用ロープ、凧糸、アーチェリー弦に仕向けられた産業資材糸の一種です。
糸素材のスレ強度は 絹<<テトロン<ナイロン<<<GPT

糸の組み方には2種類ございます。ストレートタイプとオールノットタイプ。
オールノットはすべての珠と珠の間に結び目(ノット)があるので珠同士がこすれにくく、また珠のかたちがくっきり見える効果があります。万が一糸がネック レスの途中で切 れても珠がバラけないので安心です。8mm以上の大きめの珠や結び目の数の分、数センチ長くなるので長くしたい場合にもおすすめです。

また糸以外にナイロンコーティングされたワイヤーを使ったワイヤー組みもございます。
珠の形や珠の穴の大きさが違う場合、ネックレスのラインの仕上がりがキレイなワイヤー組みをおすすめします。

regula
糸組み①ストレートタイプ
クラスプ(留具)から両3珠の間は一番消耗しやすいので結び目を作って強化します。
通常の糸換え代/6mm~/1連/59cmまで ¥2,160

allnots
糸組み②オールノットタイプ
オールノットの糸換え代/6mm~/1連/59cmまで ¥4,860

ワイヤー組み
ワイヤー組みの糸替え代/1連/59cmまで ¥2,160

使いやすいおすすめクラスプ(留具)
image
プッシュ式ボールクラスプ(留具)/8mm/Silver製/¥2,620

image
同じボールタイプのクラスプを2連のネックレスに使用すればロングにもなり大変便利です。
一本づつの長さは2連時にきれいに首周りに沿うように3cmくらいの差(珠の大きさによります)をつけて変えます。短めのを一本と長めのを一本お持ちにな るとお洋服の襟ぐりの深さに合わせて使い分けることができますので実際にお仕立てしていただいたお客様からは大変重宝するとご好評いただいております。
また60cmくらいの長めのネックレスの場合であれば、ネックレスとブレスレットに分けても使えるコンバーチブルタイプにすることもできます。パールのネックレスを何本かお持ちの場合は是非ご検討くださいませ。

おしゃれなフロントクラスプ(留具)
image
フロントクラスプ(留具)/Silver製/¥7,500
ロジウムメッキと金メッキ仕上げのコンビ
つや消しとつやありの両面使え便利。2本目のパールネックレスにおすすめです。
ノーマルなパールのネックレスもトップにこんなクラスプ(留具)があることで劇的に見え方が変わります。スーツにまたシャツスタイルのVゾーンにキラリとひと味違うパールネックレスで垢抜けること間違いなしです。

下写真のようにサイズ違いのパールネックレスがたくさんある場合、小珠で今流行のタッセル(房)を糸組みでお作りして途中に金ボールパーツをアクセントにワイヤー組みした88cmのロングネックレス。2重に巻いてクラスプ(留具)を前にもってくれば2連のタッセル付きのチョーカーとしても使えます。

image

いろんなサイズや色のパールネックレスを何本も持っているが使っていない、どうやって使ったらいいかわからない、古いパールネックレスを譲られたがどうしようか困っている、などパールネックレスに関するご相談は是非カスタムメイドジュエリーフジコにおまかせください。

 

真珠のメンテナンス〜③甦った真珠をいつまでも美しく保つエステのススメ

真珠の品質を永続化させるエステ技術ーマイクロパーマネント
※真珠科学研究所が開発したナノレベルで真珠層を強化する特許取得(2011年6月)の耐久処理の名称

えっ?エステ?と驚きのことでしょう。
お肌のお手入れに例えるなら真珠のクリーニングがピーリングだとしたら、マイクロパーマネントはエステみたいなもの。お肌と一緒で真珠本来の持っている素肌美をさらに発揮させることができるのです。輝くお肌の秘密はつやと透明感、真珠もまた同様なのであります。

真珠は極小のカルシウム結晶のひとつひとつがタンパク質の薄いシートに包まれそれらが何千億と集まって真珠層となり一個の真珠を形成しています。

マイクロパーマネント※の施術方法は、クリーニング終了後の真珠に、特殊な機械で真空技術を用いて真珠層内の微小な隙間(層と層の間)に高分子化合物を含浸させます。

クリーニングで甦ったテリと透明感が、マイクロパーマネント※後は真珠内面からのテリや透明感が一段と増しさらに輝きます。手触り肌あたりも非常に滑らかになり、真珠全体の経時による内部から発生する品質の低下を起きにくくし耐久性が向上されます。

あくまでも真珠が本来もっている耐久性を向上させる技術であり、真珠表面のコーティングなどの処理とは全く異なります。(電子顕微鏡で確認されています。)ゆえにマイクロパーマネント※は真珠のお化粧ではなくエステなのであります。

image
エステ効果として
①テリや透明感がさらに向上します。
②黒蝶貝やナチュラルブルーの褪色を遅らせます。
③真珠層内の亀裂や破壊を起きにくくます。
④経年変化によるひびや割れの発生を起きにくくします。

ご注意
マイクロパーマネント※は工程上、製品状態では加工できません。
ネックレスの場合は素通し連(留め具が外された糸通し)の状態で施術されますので、糸替えが必要となります。
イアリング、ピアス、リング、ブローチ等の金属部分は外されるものに限ります。

納期
お預かりから約10日〜2週間後(土日祝を含む)です。

真珠は普段からのお手入れが欠かせません。お手入れの中でも最も大切なことは拭くということです。触ったら必ず布で拭いてから、湿気の変化の少ない暗所に密閉保管が基本です。

p06
真珠てりクロス¥648

ジュエリーリモデルについて


宝石業界では、これまで「ジュエリー・リフォーム」という言い方が一般的でしたが、ジュエリーの本場であるヨーロッパでは「ジュエリー・リモデル」という言い方が通用しており、「ジュエリー・リフォーム」という言葉は修理に近い概念として使われています。

リフォームという言葉は主に、住宅における上物(建物)の内部の一部を変えるときに使われており建物全体の外観を変える作業ではありません。しかしジュエリーでおこなわれているいわゆる「リフォーム」は、一部を修正するといったものでなく外観全体を変えてしまう作業でした。

カスタムメイドジュエリーフジコの「ジュエリー・リモデル」は、持ち込まれたジュエリーを何でも作り替えてしまうのではなく、

  1. リモデルするもの
  2. 後世に残すべきもの
  3. 修理して使えるようにするもの
  4. スクラップするもの(地金のリサイクルへ)

に仕分けし、持ち込まれたジュエリーの品質をわかる範囲でお客さまにお伝えし、お客様にとってのそのお品物の価値をお伺いしながら、どういう使い方をすることでそのジュエリーの価値が最大化できるかをアドバイスいたします。

ジュエリーが本来持っている「永遠的価値」をサポートし、持ち込まれたジュエリーの価値を最大化してお客様に還元する「ジュエリー・リモデル」、ジュエリー・リモデルカウンセラーのFujikoが、ジュエリーの素材、デザイン、加工に関する基本的な知識と20年の経験を持って、お客様のご要望を的確に受け止め、それをひとつの品物に昇華させ提供いたしますことをお約束いたします。

ジュエリーリモデルのご相談は、お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 火・水曜日定休
Tel 052-782-8584

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換