fujiko.com

ジュエリーのオーダーメイド、リモデル、リペア、リフレッシュ

結婚指輪をセンスよくリモデルする2つのポイント

calendar

reload

結婚指輪をセンスよくリモデルする2つのポイント

サイズが合わなくなって着けなくなっていた結婚指輪、プラチナと18金のコンビリングなのでサイズ直しは難しいと購入店で断られて長い間そのままになっていたそうです。
リモデル前

直しても着けるかどうか?迷うところ、「直すよりも変えたい」というお客様のお声にお答えしてダイアモンドを足して少しゴージャスに加工いたしました。

センスよく仕上げるポイントはちょっといいダイアを使うこと。
光ってこその効果なので色石などは使わずにダイアモンド一択で。

image

基本的なリングのデザインは変えずに、サイズ直しをしてダイアモンドを足す加工だけでこんなにも印象が変わりました。

2つ目は結婚指輪の定番であるごく普通の甲丸型のリングですが、これをそのまま使って2連リングに変身します。サイズ直しをして細いリングを足して、ほら♪
ペアリングの場合同じ甲丸リングを2本を一つにして2連リングにもできます。
このバリエーションは無限大でお手持ちの結婚指輪の形や色、幅に合わせてバランスをとります。

センスよく仕上げるポイントは土台のデザインを生かすこと。
プレーンなものでも付け足すリングの地金の色を変えてコンビにしたりつや消しにしたりとちょっとした工夫で自分テイストに変えられます。

 

2連リング

眠っているジュエリーをリモデルして大切な記念や思い出をセンス良く甦らせませんか?

ジュエリーリモデルのご相談はカスタムメイドジュエリーフジコのサロンにて承ります。
眠っているジュエリーがございましたら下記のフォームからお問い合わせくださいませ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください