知らないと損!効果抜群の’’宝石の’’磨き直しビフォーアフターまとめ

ダイアモンドやルビー、サファイアなど宝石そのものが磨き直しできることをご存知でしょうか?

今まで金やプラチナの地金部分がリモデルやサイズ直しで新しくなったり綺麗になっても宝石そのものはそのままでした。リモデルするために外された宝石の多くは思いがけず汚れていたり傷ついていることが多いのですが、宝石を磨き直すまでには至りませんでした。

そういう技術を持った職人さんに出会うことがなかったことが一番の理由ですが、なんとなくサイズが小さくなりそうと敬遠していたところもありました。

が、とあるジュエリー関係のセミナーでまさにその宝石を研磨する職人さんに出会う機会があり、表面の新品研磨だけではほとんど目減りすることはないということを知り、サイズ直しやリモデルで宝石を外す機会がある度に、宝石の磨き直しを検討するようになりました。

サイズ直しをする際に上面のみ再研磨

お母様が長年毎日つけられていた思い出のリングを譲られたけれど、エメラルドのエッジ面が消えるほど傷んでいてサイズ直ししても使わないかもしれないとのご相談。
大事なのは思い出なので必ずしも着けなくてもリングを見るだけでもいいもの、石を綺麗にしたら着けたくなるかもしれないということで、
エメラルドの表面を磨き直してみると、つやとエッジが復活、お母様の思い出のリングがきれいに蘇りました。

リモデルする際に

縦向きのオーバルカットのブルーサファイアのセンターパーツをそのまま使って横向きに変えボリュームのある形にリモデルした際、サファイアを外して表裏ガードル全部を新品研磨し直しました。

全面新品研磨後は一目で綺麗になったとわかるほど艶ピカになり本来の深い透明感が甦り、取り巻の周りのダイアモンドからの反射も相まってサファイアの輝きもボリュームアップしました。

リモデルする際にデザインに合わせて全面再研磨

ガーネットのリング、宝石のサイドが見えるデザインにリモデルしたいとのご注文でしたが、あいにくガードルが欠けていて下半分が深めのオーバルカット石であったためご希望のデザインにはアンバンバランスな状態でした。(ビフォー写真なくてごめんなさい)

これを機に欠けたガードルを研磨し直し、表、裏面を再研磨してすっきりさせました。18金の土台にすっきりと収まり誕生石の思い出が新しくなって甦りました。

ジュエリーのリモデルやサイズ直しをお考えであらば、宝石の磨き直しも覚えておいてください。宝石そのものを磨き直す効果は想像以上です。

形やサイズが微妙、傷や欠けがあるからとリモデルを諦めていた宝石、磨き直ししてリモデルしてみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です