ジュエリーリモデル/ピアスやイアリングのペア石を使ったリングのリモデル例

pdt4l
プリンセスカット/ダイアモンド/4mm角

今はもう使わなくなったけど何かリモデルできないかしら?とお預かりするジュエリーで多いのがピアスやイアリングの類い、同じサイズの石がふたつ。大小、形や色も様々。
これらの形を生かした石を二つ使うデザインをずっと考えていてある時サイドに石を入れたらいいかもしれないと思いつきました。
石の形に合わせてリングの形も変わる。さっそくアイデアをデザインしてみると、ラウンド(丸)オーバル(楕円)にスクエア(正方形)マーキース(両端が尖ったボートのような形)ペアシェイブ(しずく型)、カット石でもカボション石でも珠でもバリエーションは無限大。

正方形のダイアモンドで作ったのが上写真のリング、四角リングの下は、小さめの丸いダイアモンドを入れたリング。ラウンドカットは一番普及しているかたちということもありますが不動の人気デザインです。ウェディングリングとしてもいいですね。

オーバルカット/ピンクトルマリン
6×8mmくらいのサイズ

FUJIKOいち押しのマーキースカット/サファイア ダイアモンド
ハイクオリティなダイアモンドで作ったプラチナのリングは本当に美しい。

ラウンド(珠)/パール
カット石だけでなく球体でもお作りできます。

オーバルカボション/エメラルド
サイドだけでは寂しいわというお客様に、トップにダイアモンドを敷き詰めてゴージャスにリモデルいたしました。

石の形でリングのかたちは変わりますが、基本のデザインは両サイドに石を置くこと。
小さめの石なら細めのリングに、2つ使ってハート型や3つでクローバー型などバリエーションは無限大。お客様の指のサイズに合わせてリングの幅やボリュームは調整いたします。

もしお気に入りの同じサイズの石をふたつお持ちでこのデザインがお気に召しましたら、リングにリモデルしてみませんか?
リモデルのご相談はサロンにて承ります。お手持ちの石が、リングに向いているかどうか?お客様の手の形と指のサイズに合うかどうか?診断いたします。まずは下記のフォームからお手持ちの石の形とサイズをお知らせくださいませ。

 

オーダーメイドジュエリー/家紋リング

image
18金ホワイトゴールドと18金ピンクゴールド製
家紋入り 丸に剣片喰(まるにけんかたばみ)

image

こういうリングを作って欲しいとのイラストをご持参でご来店のお客様。
家紋部分はレーザー彫刻後ブラックメッキ加工をして鏡面仕上げで模様を出しました。模様はリングに3カ所入っています。

製作過程を画像で記録しましたのでご覧ください。
カスタムメイドジュエリーフジコではジュエリーの多くをロストワックスキャスティング法という鋳造方式を使って製作いたしております。
まずは土台となる18金ホワイトゴールドのリングのワックス型の製作から。


このワックス型を工場にて18金ホワイトゴールドにキャスト(鋳造)してもらいます。
丸い部分のパーツは18金ピンクゴールドの角棒から糸鋸で切り出します。

キャストされた18金ホワイトゴールドの土台と切り出した18金ピンクゴールドの丸パーツを酸素ガスバーナーでロー付けして結合させます。荒い表面を磨いて土台は完成。
この後、プリントした家紋模様のデータを用意し工場にてレーザー彫刻してもらいます。レーザー彫刻後、凹部分にブラックメッキをして凸部分を磨いたら家紋模様がはっきりと見えるいうしくみです。

カスタムメイドジュエリーフジコのオーダーメイドジュエリーは、あなたの欲しいジュエリーをかたちにいたします。具体的にデザインが決まっていなくても大丈夫。こんな感じ、あういう風にといったご要望や好みをひとつひとつお聞きしてあなたに似合うジュエリーにお仕立ていたします。

オーダーメイドジュエリーのご相談はサロンにて承ります。下記のメールフォームよりお問い合わせくださいませ。

オーダーメイドジュエリー/ウェディングリングセット

ウェデイングリングセット
エンゲージリングとセットでつけられるウェディングジュエリーとのご注文。

製作過程
ご希望のデザインと実際のお客様の手の大きさと指の長さからバランスをみてエンゲージリングのダイアモンドの大きさは0.5ctくらいに決定。
中央のダイアモンドの側面にもダイアモンドを入れるデザインのため、高さが高くなりすぎないように全体のボリュームをバランス良く付け心地よくおさまるように注意しました。

エンゲージリング
ダイアモンドはトリプルエクセレントのカットにより完全なアロー(矢)の形がはっきりと見えます。

image
ウェディングの内側にはお二人のイニシャルを。

image
ご結婚を機に持っていたダイアモンドのリングをエンゲージリングと同じデザインのペンダントにリモデルいたしました。

image

エンゲージリングのご注文からペンダント、ウェディングリングの完成まで約半年。
オーダーメイドでウェディングリングをお考えの場合、お時間の余裕をもってご相談くださいませ。

ジュエリーリモデル/思い出を残す

ジュエリーをリモデルする場合、現状の枠や土台から石をはずして新たなるものをお作りする場合と土台である地金部分をそのまま使いそのジュエリーの特徴を残してしてリモデルする場合がございます。

結婚指輪やエンゲージリング、親族から譲られた思い出のジュエリーなど、地金はそのまま残したい、デザインはそのままでアイテムを変えたい、など「土台の地金を生かす」ことを優先にしたリモデルの実例です。

image
デザインはそのままでリングからペンダントに。

お爺様から譲られた18金の太い指輪と色の違う真珠のタイピン2つから、
幅太のリングを半分に切って細い指輪2本に分け、サイズを直して2連リングに。
パールの大きさと色の違いもいいアクセントになりました。

rbd009

お婆様から譲られたダイアのイアリングをブローチに。
ダイアモンドと石枠はそのまま残していつも身につけられる普段使いのブローチに。

image

お母様の思い出のリングを石枠のデザインそのまま生かしてペンダントにリモデル。
ネックレスのチェーンが取り外せるようにバチカン(チェーンを通すための環)を加工しました。


お姉様からジュエリーをたくさん譲り受けどうしたらいいかわからないのでなんとかならないか?とのご依頼。
ご自身のすでに持っていらっしゃるたくさんのアイテムとうまくコーディネイトできるように譲り受けたたくさんのジュエリーの中から1ctサイズのラウンドダイアモンドとマーキースカットのダイアモンド、パヴェダイアモンドのダイアモンドのみを選定。お姉様の思い出のジュエリーも残しつつ、お客様好みのよりゴージャスなペンダントとイアリングにリモデルされました。

 

こちらはサイズの合わなくなった結婚指輪ですが、サイズ直しをしつつイメージも変えたいというご要望をもとに、リング土台の18金部分でサイズ直しをして新たにダイアモンドを足すことに。結婚指輪の思い出を少しゴージャスにリモデルされました。

大切な記念や思い出のジュエリーを自分らしいジュエリーにリモデルして甦らせませんか?

ジュエリーリモデルのご相談はカスタムメイドジュエリーフジコのサロンにて承ります。
リモデルしたいジュエリーがございましたら下記のフォームからお問い合わせくださいませ。