パールネックレスをブレスレットにリモデル

パールネックレスをブレスレットに作り替えて欲しいとのご注文。
パールネックレスはお母様の形見で何本かあり形見分けするにあたって、普段あまりジュエリーを着けない方にブレスレットなら着けるとのことで、ブレスレットに黒いオニキスを足したモダンな3連ブレスレットにして贈り物にしたいとのご依頼でした。

3連のブレスレットに作り替えるには、単純に2枚目の画像のように金具のないシリコンゴムで連組みしただけものを3本お仕立てすることもできます。アクセサリー感覚で毎日付けはずしするなら断然に着けやすいお仕立てです。

形見として贈り物にするので、ジュエリーとしてのお仕立てしてほしいとのこと。見栄えと耐久性を優先して、着けやすい磁石のはいったスライドタイプのブレスレット金具を使用し、耐久性のあるGPT糸で糸組み、3連の間には連結バーを入れて補強、ゴムタイプのブレスレットとは格段に違う仕上がりです。ブレスレット用のシックな箱に収めて素敵な思い出の贈り物となりました。

ジュエリーのリモデルをする際には、どのように使うか?普段に毎日着けたいか冠婚葬祭用で普段は着けないなどの目的をはっきりさせることがポイントです。

ジュエリー・リモデルカウンセラーのFujikoが、ジュエリーの素材、デザイン、加工に関する基本的な知識と25年の経験を持って、お客様のご要望を的確に受け止め、それをひとつの品物に昇華させ提供いたします。

ジュエリーリモデルのご相談は、お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 水曜日定休
Tel 052-782-8584

イアリングをペンダントにリモデル

両端のホワイトゴールドの部分がクリップ式のイアリングでした。
イアリングとしてはもう使わないのでオメガチョーカーに合わせるペンダントを作って欲しいとのご注文。中央のイエローゴールドの部分を作成いたしました。

イアリングであった状態をクリップ金具を外しただけで本体はそのまま使用し、中央のイエローゴールドの部分は両端のホワイトゴールドの部分と同様にダイアモンドを足して極小のミル彫りを施して一体感を出しました。イアリングからペンダントにリモデルしたことでイアリングの時よりも今使えるゴージャスなペンダントになりました。

ダイアモンドはお客様のお持ち込みの使わなくなったネックレスからはずして使用し、はずしたあとのネックレスの空枠やクリップ金具などの地金は下取りとしてリモデル代金から差し引きされます。

使っていないジュエリーを有効利用して今使えるジュエリーにリモデルしてみませんか?
カスタムメイドジュエリーフジコでは、お客様のお持ちいただいたジュエリーを何でも作り替えてしまうのではなくまずは、

  1. リモデルするもの
  2. 後世に残すべきもの
  3. 修理して使えるようにするもの
  4. スクラップするもの(地金のリサイクルへ)

に仕分けいたします。
持ち込まれたジュエリーの品質をわかる範囲でお客さまにお伝えし、お客様にとってのそのお品物の価値をお伺いしながら、どういう使い方をすることでそのジュエリーの価値が最大化できるかをアドバイスいたします。

ジュエリーリモデルのご相談は、お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 水曜日定休
Tel 052-782-8584