イアリングをペンダントにリモデル

両端のホワイトゴールドの部分がクリップ式のイアリングでした。
イアリングとしてはもう使わないのでオメガチョーカーに合わせるペンダントを作って欲しいとのご注文。中央のイエローゴールドの部分を作成いたしました。

イアリングであった状態をクリップ金具を外しただけで本体はそのまま使用し、中央のイエローゴールドの部分は両端のホワイトゴールドの部分と同様にダイアモンドを足して極小のミル彫りを施して一体感を出しました。イアリングからペンダントにリモデルしたことでイアリングの時よりも今使えるゴージャスなペンダントになりました。

ダイアモンドはお客様のお持ち込みの使わなくなったネックレスからはずして使用し、はずしたあとのネックレスの空枠やクリップ金具などの地金は下取りとしてリモデル代金から差し引きされます。

使っていないジュエリーを有効利用して今使えるジュエリーにリモデルしてみませんか?
カスタムメイドジュエリーフジコでは、お客様のお持ちいただいたジュエリーを何でも作り替えてしまうのではなくまずは、

  1. リモデルするもの
  2. 後世に残すべきもの
  3. 修理して使えるようにするもの
  4. スクラップするもの(地金のリサイクルへ)

に仕分けいたします。
持ち込まれたジュエリーの品質をわかる範囲でお客さまにお伝えし、お客様にとってのそのお品物の価値をお伺いしながら、どういう使い方をすることでそのジュエリーの価値が最大化できるかをアドバイスいたします。

ジュエリーリモデルのご相談は、お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 水曜日定休
Tel 052-782-8584

ネックレスからダイアモンドが最大限に輝くリングにリモデル

 

image

ダイアモンドの外側の枠にも小さなダイアを敷き詰めました。
小さなダイアモンドでもシングルカットの強い輝きの効果で内側のダイアモンドに反射して外周が細かく更に輝きが増しています。
中央のダイアモンドは0.420ct 直径4.6mm。

爪無しチョコ留めという留め方で枠の内側の地金をさらっているので地金が反射して裸石の状態よりもさらに大きく見えています。


もともとは六本爪の一粒ダイアモンドのネックレスでした。
結婚指輪をお仕立てされたお客様のお母様の形見ということでネックレスよりも着けて見ることのできるリングにリモデルしたいとのご注文でした。
シングルカットのダイアモンドはお母様の形見のエメラルドのピアスに入っていたもの。
この小さなシングルカットのダイアがなかったらここまでの輝きは出なかったことでしょう。


このダイアモンドのリングをピンキーリングにして結婚指輪と一緒に着けたいとのこと。
セットリングとして結婚指輪と一緒に薬指につけてもバランスのよい大きさでですが、そこをピンキーリングにして着けることでダイアモンドがさらに大きく見え、個性的な着けこなしになるのでした。

リングやネックレスからのリモデルのご相談で一番多いのがこのラウンドのダイアモンドです。ダイアモンドの状態によってはダイアモンドを磨き直し(リカット)してつやや輝きを引き出すこともできます。
カスタムメイドジュエリーフジコでは、ジュエリーをシンプルなデザインで最大限に輝きを引き出すセンスと技術で他とはひと味違うリモデルを実践いたしております。

使わなくなっているネックレスやリングにラウンドのダイアモンドはございませんか?カスタムメイドジュエリーフジコで輝くダイアモンドのジュエリーにリモデルしてみませんか?

ジュエリーリモデルのご相談はサロンにて承ります。
下記のフォームよりお問い合わせくださいませ。

リングから使えるペンダントにリモデル


リングだったものをそのままの形を使ってペンダントにリモデルいたしました。
左はチェーンタイプのネックレスに通して、右はオメガチョーカーに通した場合。同じペンダントでもどんなネックレスに合わせるかで見え方が全然変わります。

リングだったものはアクアマリンの上の部分が重くて指の中で回ってしまい落ちつかないとのこと。エメラルドカットが素敵なアクアマリンは気に入っていらっしゃるとのことで、そのままの形を使ってペンダントにしてみては?とご提案いたしました。製作過程を画像でご覧ください。

リングの時よりもペンダントにリモデルしたほうがアクアマリンがとても良く目立つように思いました。普段使い用にまたお出かけ用にとどんなネックレスに通すかで幾通りにも魅せることができます。

こちらもリングの形をそのまま使ってペンダントにリモデルいたしました。
リングの時は着けていると角があたって痛いと着け心地がよくないのであまりつけなくなっていたとのこと。デザインは洗練されていますのでそのまま向きを変えてペンダントへのリモデルをご提案いたしました。4mm幅の太いオメガチョーカーにも通せるようにとのご注文でしたのでネックレスを通す部分がかなり大きくなってしまいましたが、後ろに隠れているので正面からは見えずすっきりと着けられます。

全然使っていないリングがある、サイズ直しや加工ができないと以前に言われて宝石箱に入ったままのジュエリーがある、など宝石箱の中で眠っているジュエリーはございませんか?カスタムメイドジュエリーフジコではそんなジュエリーを上手にセンスよく使えるジュエリーに甦らせるリモデルを行っております。リモデルのご相談はサロンにて承ります。宝石箱ごとお持ちくださればフジコがカウンセリングいたしますのでお気軽にご来店くださいませ。

水晶のネックレスをおしゃれにリモデルする方法

よくある水晶(形が3角のカットタイプ)のネックレス。全く使っていないので何か使えるようにならないかしら?とのご依頼。形が三角の円錐状態なのでこのカットの特徴を生かして下に垂れる形で組み替えるデザインを考えてみました。アクセサリー感覚でカジュアルに使えるように思い切って全部バラバラにして大小全パーツを使い、細いリング4本とピアス2種類、ペンダント(ごめんなさい画像なし)を作成いたしました。リングは指のサイズにあわせて2本でも3本でも流行のレイヤーを楽しんで頂けます。

普段良く使うアイテムにリモデルすると全く使わなかったジュエリーが、まるで新しいジュエリーを購入したように生まれ変わってして大活躍します。

ジュエリー箱の中でこんなネックレス眠っていませんか?もし使っていないジュエリーがございましたらカスタムメイドジュエリーフジコにお気軽にご相談くださいませ。フジコがセンス良く使えるジュエリーにリモデルいたします♪

 

ジュエリーリペア(修理)/リング

シルバーリングのお直し。一見なんの問題もなさそうな感じに見えますが、リング部分の地金が薄く、真ん中がつながっていないデザインなので着ける度に広がって変形してしまうとのこと。リング部分を厚くして欲しいとのご注文。
修理方法は薄い地金を貼付けるのではなく薄い部分を切り落として厚い地金につけかえます。これはリングのサイズ直しの要領ですが、同様に修理いたしました。修理過程を画像でごらんください。

カスタムメイドジュエリーフジコでは、ジュエリーの修理も承っております。リングのみならず切れたネックレスやブローチ針の修理などお困りのジュエリーがございましたら下記のフォームからお問い合わせくださいませ。

オーダーメイドジュエリー/ピアス

image

ピンクサファイアの石をお持ちのお客様からのご注文。頂き物の石でどうしようか決めかねていたもの。ペア石を使ったデザインのリングもお作りできますが、リングは着けないとのことで、パールのピアスキャッチを使ったアメリカンチェーンピアスをご提案いたしました。

微妙に石の厚みやカーブが違いましたが、ワックス型で調整して石枠を作成。18金で鋳造された枠とチェーンピアスをロー付けして組み立て、石定職人が石を留めて完成です。
アメリカンチェーンピアスはキャッチ無しでも留まります。

ジュエリーにお仕立てすれば身につけることができるようになります。
ルース(裸石)お持ち込みでのオーダーメイドのご相談は下記のフォームからお問い合わせくださいませ。ご相談はサロンにて承ります。

ジュエリーリモデル/ピアスやイアリングのペア石を使ったリングのリモデル例

pdt4l
プリンセスカット/ダイアモンド/4mm角

今はもう使わなくなったけど何かリモデルできないかしら?とお預かりするジュエリーで多いのがピアスやイアリングの類い、同じサイズの石がふたつ。大小、形や色も様々。
これらの形を生かした石を二つ使うデザインをずっと考えていてある時サイドに石を入れたらいいかもしれないと思いつきました。
石の形に合わせてリングの形も変わる。さっそくアイデアをデザインしてみると、ラウンド(丸)オーバル(楕円)にスクエア(正方形)マーキース(両端が尖ったボートのような形)ペアシェイブ(しずく型)、カット石でもカボション石でも珠でもバリエーションは無限大。

正方形のダイアモンドで作ったのが上写真のリング、四角リングの下は、小さめの丸いダイアモンドを入れたリング。ラウンドカットは一番普及しているかたちということもありますが不動の人気デザインです。ウェディングリングとしてもいいですね。

オーバルカット/ピンクトルマリン
6×8mmくらいのサイズ

FUJIKOいち押しのマーキースカット/サファイア ダイアモンド
ハイクオリティなダイアモンドで作ったプラチナのリングは本当に美しい。

ラウンド(珠)/パール
カット石だけでなく球体でもお作りできます。

オーバルカボション/エメラルド
サイドだけでは寂しいわというお客様に、トップにダイアモンドを敷き詰めてゴージャスにリモデルいたしました。

石の形でリングのかたちは変わりますが、基本のデザインは両サイドに石を置くこと。
小さめの石なら細めのリングに、2つ使ってハート型や3つでクローバー型などバリエーションは無限大。お客様の指のサイズに合わせてリングの幅やボリュームは調整いたします。

もしお気に入りの同じサイズの石をふたつお持ちでこのデザインがお気に召しましたら、リングにリモデルしてみませんか?
リモデルのご相談はサロンにて承ります。お手持ちの石が、リングに向いているかどうか?お客様の手の形と指のサイズに合うかどうか?診断いたします。まずは下記のフォームからお手持ちの石の形とサイズをお知らせくださいませ。

 

オーダーメイドジュエリー/家紋リング

image
18金ホワイトゴールドと18金ピンクゴールド製
家紋入り 丸に剣片喰(まるにけんかたばみ)

image

こういうリングを作って欲しいとのイラストをご持参でご来店のお客様。
家紋部分はレーザー彫刻後ブラックメッキ加工をして鏡面仕上げで模様を出しました。模様はリングに3カ所入っています。

製作過程を画像で記録しましたのでご覧ください。
カスタムメイドジュエリーフジコではジュエリーの多くをロストワックスキャスティング法という鋳造方式を使って製作いたしております。
まずは土台となる18金ホワイトゴールドのリングのワックス型の製作から。


このワックス型を工場にて18金ホワイトゴールドにキャスト(鋳造)してもらいます。
丸い部分のパーツは18金ピンクゴールドの角棒から糸鋸で切り出します。

キャストされた18金ホワイトゴールドの土台と切り出した18金ピンクゴールドの丸パーツを酸素ガスバーナーでロー付けして結合させます。荒い表面を磨いて土台は完成。
この後、プリントした家紋模様のデータを用意し工場にてレーザー彫刻してもらいます。レーザー彫刻後、凹部分にブラックメッキをして凸部分を磨いたら家紋模様がはっきりと見えるいうしくみです。

カスタムメイドジュエリーフジコのオーダーメイドジュエリーは、あなたの欲しいジュエリーをかたちにいたします。具体的にデザインが決まっていなくても大丈夫。こんな感じ、あういう風にといったご要望や好みをひとつひとつお聞きしてあなたに似合うジュエリーにお仕立ていたします。

オーダーメイドジュエリーのご相談はサロンにて承ります。下記のメールフォームよりお問い合わせくださいませ。

オーダーメイドジュエリー/ウェディングリングセット

ウェデイングリングセット
エンゲージリングとセットでつけられるウェディングジュエリーとのご注文。

製作過程
ご希望のデザインと実際のお客様の手の大きさと指の長さからバランスをみてエンゲージリングのダイアモンドの大きさは0.5ctくらいに決定。
中央のダイアモンドの側面にもダイアモンドを入れるデザインのため、高さが高くなりすぎないように全体のボリュームをバランス良く付け心地よくおさまるように注意しました。

エンゲージリング
ダイアモンドはトリプルエクセレントのカットにより完全なアロー(矢)の形がはっきりと見えます。

image
ウェディングの内側にはお二人のイニシャルを。

image
ご結婚を機に持っていたダイアモンドのリングをエンゲージリングと同じデザインのペンダントにリモデルいたしました。

image

エンゲージリングのご注文からペンダント、ウェディングリングの完成まで約半年。
オーダーメイドでウェディングリングをお考えの場合、お時間の余裕をもってご相談くださいませ。