オーダーメイドジュエリー/ピアス

image

ピンクサファイアの石をお持ちのお客様からのご注文。頂き物の石でどうしようか決めかねていたもの。ペア石を使ったデザインのリングもお作りできますが、リングは着けないとのことで、パールのピアスキャッチを使ったアメリカンチェーンピアスをご提案いたしました。

微妙に石の厚みやカーブが違いましたが、ワックス型で調整して石枠を作成。18金で鋳造された枠とチェーンピアスをロー付けして組み立て、石定職人が石を留めて完成です。
アメリカンチェーンピアスはキャッチ無しでも留まります。

ジュエリーにお仕立てすれば身につけることができるようになります。
ルース(裸石)お持ち込みでのオーダーメイドのご相談は下記のフォームからお問い合わせくださいませ。ご相談はサロンにて承ります。

オーダーメイドジュエリー/家紋リング

image
18金ホワイトゴールドと18金ピンクゴールド製
家紋入り 丸に剣片喰(まるにけんかたばみ)

image

こういうリングを作って欲しいとのイラストをご持参でご来店のお客様。
家紋部分はレーザー彫刻後ブラックメッキ加工をして鏡面仕上げで模様を出しました。模様はリングに3カ所入っています。

製作過程を画像で記録しましたのでご覧ください。
カスタムメイドジュエリーフジコではジュエリーの多くをロストワックスキャスティング法という鋳造方式を使って製作いたしております。
まずは土台となる18金ホワイトゴールドのリングのワックス型の製作から。


このワックス型を工場にて18金ホワイトゴールドにキャスト(鋳造)してもらいます。
丸い部分のパーツは18金ピンクゴールドの角棒から糸鋸で切り出します。

キャストされた18金ホワイトゴールドの土台と切り出した18金ピンクゴールドの丸パーツを酸素ガスバーナーでロー付けして結合させます。荒い表面を磨いて土台は完成。
この後、プリントした家紋模様のデータを用意し工場にてレーザー彫刻してもらいます。レーザー彫刻後、凹部分にブラックメッキをして凸部分を磨いたら家紋模様がはっきりと見えるいうしくみです。

カスタムメイドジュエリーフジコのオーダーメイドジュエリーは、あなたの欲しいジュエリーをかたちにいたします。具体的にデザインが決まっていなくても大丈夫。こんな感じ、あういう風にといったご要望や好みをひとつひとつお聞きしてあなたに似合うジュエリーにお仕立ていたします。

オーダーメイドジュエリーのご相談はサロンにて承ります。下記のメールフォームよりお問い合わせくださいませ。

オーダーメイドジュエリー/ウェディングリングセット

ウェデイングリングセット
エンゲージリングとセットでつけられるウェディングジュエリーとのご注文。

製作過程
ご希望のデザインと実際のお客様の手の大きさと指の長さからバランスをみてエンゲージリングのダイアモンドの大きさは0.5ctくらいに決定。
中央のダイアモンドの側面にもダイアモンドを入れるデザインのため、高さが高くなりすぎないように全体のボリュームをバランス良く付け心地よくおさまるように注意しました。

エンゲージリング
ダイアモンドはトリプルエクセレントのカットにより完全なアロー(矢)の形がはっきりと見えます。

image
ウェディングの内側にはお二人のイニシャルを。

image
ご結婚を機に持っていたダイアモンドのリングをエンゲージリングと同じデザインのペンダントにリモデルいたしました。

image

エンゲージリングのご注文からペンダント、ウェディングリングの完成まで約半年。
オーダーメイドでウェディングリングをお考えの場合、お時間の余裕をもってご相談くださいませ。

シンプルでセンスのいい結婚指輪一覧

シンプルでセンスのいい結婚指輪をお探しの方、お二人にぴったりのサイズとデザインでペアリングをオーダーしてみませんか?
カスタムメイドジュエリーフジコではお客様のご要望をかたちにするオーダーメイドからフジコオリジナルデザインをカスタマイズするカスタムメイドなど市販品にはない結婚指輪をお二人にぴったりのサイズでお作りいたしております。
こんな指輪を作ってほしい、このデザインは好きだけどもう少し細くしたい、つや消しにしてほしいなどのご要望にお答えいたします。

オーダーメイドのご注文はカスタムメイドジュエリーフジコのサロンにて承ります。
気になるデザインがございましたら下記のフォームからお問い合わせくださいませ。

知っておきたいルース(裸石)の活用法

ルチルクオーツペンダント
ブラジル人のご友人からのお土産でいただいたままのルース(裸石)を身につけられるようにしたいとのご相談。透明感が素晴らしいルチルクオーツは両面カットの入った形を生かしてペンダントをご提案。石の中にある針状の結晶の金色に合わせて18金で枠をお作りすることに。
キラキラ光るカットの入った18金の繊細なチェーンネックレスを通して素敵なペンダントになりました。

バチカン(ネックレスを通すパーツ)は大きめなので、シルクリボンや革ひもチョーカーなど洋服の色に合わせて替えれば全く違った印象になり、コーディネイトは無限大。
ルース(裸石)の状態よりもジュエリーにお仕立てすることで何倍も輝き活用できる好例でした。

image
オレンジ色がまぶしいファイアーオパールのルース(裸石)はカボション(半球状の)石。
こんな感じと、シンプルなデザインがご希望との写真を添えてのご注文。
18金製のリングはマット(つや消し)仕上げにすることでオパールのつやがより引き立ちます。
リングを重ねてつけられるように石枠を少し浮かせてあるので、マリッジリングを着けてもぶつかりません。また細いリングなどをレイヤー(重ねて)して今風にも。

色石ブローチ
お次はカット石の色石のルース(裸石)を20個、ブローチが欲しいとのご注文。
石枠を作ろうか石をどうやって留めるかさんざんに悩んだ末に、ルース(裸石)に直接穴を開けて丸環を通し、様々に使えるような色石パーツに仕立てることに。
穴を開けるのは加工業者に依頼。穴は超音波と水を使って開けられるとのこと。

ブローチのヘッド部分はネジで開け閉めできるタイプなので、通す色石パーツの色を自由自在に替えられます。色石パーツが端に偏らないように真珠とストッパー機能(中にシリコンが入っている)のある金ボールパーツで調整。
ピアスには同様のストッパーボールを挟んで色石パーツを固定すればこんなにかわいいフープピアスに♪
もちろん単品でペンダントとしてネックレスに通しても。

同じ大きさのルースをたくさん持っている場合の活用方法としてジュエリーに仕立ててるだけでなくパーツとして仕立ててアレンジを楽しむ、そんな実例でした。

旅行先で気に入って買ったり、いただいたりした大切なルース(裸石)などございませんか?
ルース(裸石)を身につけられるジュエリーにお仕立てすることで何倍にも輝き活用できます。

どんなアイテムにしたらいいか?などのご相談からこんな風にしたいけどおいくらくらい?などのお見積もりまでお気軽にご相談くださいませ。