パールメンテナンスマスター歴5年で培ったパールネックレスの糸換え方法5つのポイント

こんにちは、パールメンテナンスマスターの庄島です。(現在の称号名はパールC&Eマスター
パールネックレスの糸が長期の使用により緩んだり、珠と珠の間に隙間ができていたら新しい糸に替える必要があります。

この糸換えってどうやってってするんだろう?と検索されている方のために、一般的なパールネックレスのためのストレートの糸換え時におけるポイントを5つご紹介いたします。

まずストレートの糸組みについてですが、両端の珠4個の間に結び目が3つあることが特徴です。これはクラスプ(留め具)の開け閉めによる珠と珠の間の擦れでできる傷防止、真珠の孔(あな)の硬いエッジに擦られる糸の消耗を防ぐためです。

糸換えの方法や使う道具は人によって多少異なります。
カスタムメイドジュエリーフジコでは真珠科学研究所にて習得した導糸(みちいと)を使用する方法で、糸はパール用の切れにくく伸びにくい丈夫なGPT糸(高密度ポリエチレン糸)を使用します。

一つ目はどんな道具が使われるのか?

作業は蓮台(れんだい)と呼ばれる作業台にて行われます。
使う道具はニッパー、パール用糸、パール用糸切り用ハサミ、ビーズ針、導糸用糸(薄地用ミシン糸)、糸切り用ハサミ、ノリ(セメダイン)

二つめは使用する糸の太さはどのように決まるのか?

真珠の孔(あな)の直径次第ですが、孔(あな)の大きさはドリル等を通してみることで測ります。
5ミリ珠、6ミリ珠、7ミリ珠の場合、孔の直径は0.7ミリであることがほとんどで20番糸が使用されます。長さはネックレスの長さ+αを二本どりで通しますが両裾珠は5個は折り返すので計4本の糸が通ります。

三つめは糸を真珠の穴にどうやって通すか?

銅線などを使用する方法もあるようですが、カスタムメイドジュエリーフジコでは細くて長いビーズ針(太さは0.38ミリから04ミリ)を使用します。
GPT糸はビーズ針の小さな穴に直接通すことはできないので導糸(みちいと)(薄地用のミシン糸を使用)を介してビーズ針と繋がれます。

四つめはネックレスの並びを間違えない様にどうやって的確に針を通すか?

作業のポイントは最初に古い糸を全部抜いてしまわないことです。
最初にクラスプ(留め具)の差し込み側から5番目と6番目の間の糸をニッパーで切り、5番目から針を通し4,3,2,1番目に珠を通しクラスプ側に通して折り返します。4番目の珠までの間に結び目を3つ作ります。ここからポイントですが右から針を通し左側から珠を右へ送りつつ左側から古い糸を抜いてゆくことで、真珠の並び(順番、向き)を間違うことなく的確に針を通すことができます。

最後にどうやったら糸が緩まない様に組めるのか?

最後の詰めをネックレスを垂らした状態にして行うこと、クラスプ(留め具)の受け側を持ちつつ一番端の珠を指で下へ押し込むことで隙間なくぎっちりと組むことができます。

パールネックレスの糸換えをもっと詳しく知りたいと思われたなら、真珠科学研究所から販売されております「真珠の糸換えDVD」がおすすめです。

2016年11月に発売。作り手目線で撮影された大変分かりやい映像です。

パールネックレスの糸は緩むまでに時間はありますが、緩んでから切れるまでは想定外に早いものです。緩んでいるということは糸の撚り(より)が切れてきているということ、外出先で糸が切れてバラバラになるという惨事を避けるために早めの糸換えを!

古いジュエリーをきれいにしたいひと必見〜パールのシルバーブローチ編

大柄なブローチ、真珠が豪華です。
このブローチの以前の姿がこちら↓珠が一つ取れてシルバーが全体にくすんで黒っぽくなっています。20年ご使用されていたもの。

珠を全部外し、シルバーブローチと分けます。
ブローチ部分は折れた珠芯を修理後、新品研磨しロジウムメッキをかけます。
真珠は全てリフレッシュクロスにて一粒一粒クリーニング。

完成♪
カスタムメイドジュエリーフジコのジュエリーのリフレッシュは可能な限り分解して隅々まできれいに仕上げいたします。お手持ちのちょっと気になるジュエリーがございましたらご相談くださいませ。

知らないと損!効果抜群の’’宝石の’’磨き直しビフォーアフター3つの実例

ダイアモンドやルビー、サファイアなど宝石そのものが磨き直しできることをご存知でしょうか?

今まで金やプラチナの地金部分がリモデルやサイズ直しで新しくなったり綺麗になっても主役であるはずの宝石そのものはそのままでした。リモデルするために外された宝石の多くは思いがけず欠けていたり小傷がついて傷んでいる場合が多いのですが、宝石そのものを磨き直すことを思い付くことは少ないのでは?

そもそも磨き直したらその分サイズが小さくなるのでは?

そんなことはございません。
宝石を研磨する職人さん曰く、大きく欠けていたり全体のシェイプ(形)を変えるならばそれはもちろん減りますが、小傷程度で表面の新品研磨だけではほとんど目減りすることはないと。ジュエリーをお直しするのになぜ宝石は磨かないのか?本当そうですよね。

サイズ直しやリモデルで宝石を石枠から外すのですから、宝石も再研磨して宝石本来の輝きを取り戻しましょう。驚くほどの感動のツヤが蘇ります。カスタムメイドジュエリーフジコではジュエリーリモデルやサイズ直しの際に、この宝石の再研磨をおすすめしています。

輝くジュエリーの秘訣は宝石の磨き直しから。

サイズ直しをする際に上面のみ再研磨

お母様が長年毎日つけられていた思い出のリングを譲られたけれど、エメラルドのエッジ面が消えるほど傷んでいてサイズ直ししても使わないかもしれないとのご相談。
大事なのは思い出なので必ずしも着けなくてもリングを見るだけでもいいもの、石を綺麗にしたら着けたくなるかもしれないということで、
あいにくエメラルドを外してみると裏側もまたかなり傷んでいたので、上面だけを磨き直しつやとエッジが復活!お母様の思い出のリングがきれいに蘇りました。

リモデルする際に

縦向きのオーバルカットのブルーサファイアのセンターパーツをそのまま使って横向きに変えボリュームのある形にリモデルした際、サファイアを外して表裏ガードル全部を新品研磨し直しました。

もともと綺麗なブルーサファイアでしたが、全面新品研磨後は一段と一目で綺麗になったとわかるほど艶ピカに、本来の深い透明感が甦り、取り巻の周りのダイアモンドからの反射も相まってサファイアの輝きもボリュームアップしました。

リモデルする際にデザインに合わせて全面再研磨

ガーネットのリング、宝石のサイドが見えるデザインにリモデルしたいとのご注文でしたが、あいにくガードルが欠けていて下半分が深めのオーバルカット石であったためご希望のデザインには大きすぎるアンバンバランスな状態でした。(ビフォー写真なくてごめんなさい)

そこでこれを機に欠けたガードルを研磨し直し、表、裏面を再研磨してすっきりさせました。18金の土台にすっきりと収まり誕生石の思い出が新しくなって甦りました。

ジュエリーの形やサイズが微妙、傷や欠けがあるからとリモデルを諦めていた宝石がある、リモデルやサイズ直ししたいジュエリーがある、ならば「宝石の磨き直し」を覚えておいてください。宝石そのものを磨き直す効果は想像以上です。

 

美しく快適に使えるパールネックレスの糸換え時における3つのポイント〜南洋真珠編

ちょっと珍しいチョコレート色の南洋真珠、11mmと大珠です。


いざ使おうとしたら留め具が変色してた!クラスプ(留具)の交換と糸換えの時です。

まず最初に糸組みの方法についてです。

南洋真珠や8mm以上の大きい珠は、珠と珠の間に結び目がある『オールナッツの糸組み』がオススメです。珠と珠の間の擦れが少なく珠の形がはっきり見えます。また万が一どこかで糸が切れたとしても珠がバラバラになる不安もございません。

お手持ちのネックレスをチェックしてみてください。ワイヤー組みでシリコンクッションが取れてる、垂らしてみたら糸が見える(緩んでいる)なら糸換えを!

二つ目は糸の色についてです。

濃色の真珠の場合、GPT糸(グンゼパワースレッド)のグレー色がオススメです。以前は白糸しかなかったため黒真珠など濃い色の真珠にも白糸を使用していましたが、このグレー色の登場で糸が目立ちにくくなりました。
この丈夫で切れにくいGPT糸は染めることが大変に難しいということで生産量が少なく取り扱っているお店が少ないんです。糸換えしたら白糸になっていてびっくりしたというお話ございますから、使用される糸の色は要確認です。

3つ目はクラスプ(留め具)についてです。

上写真の変色した留め具はワンタッチタイプで使いやすいのですが、裏表がありこのサイズの大珠に合わせると浮いて裏返ってしまうこともあります。10ミリ以上の大珠には裏表のない球体型のデザインのプッシュタイプの留め具がオススメです。
球体型の留め具が使用されたネックレスは珠との一体感が出たデザインになり見た目も美しくスッキリ、上部のボタンを押すだけで取りはずすことができ、着けるときは差し込み側をカチっと押し込むだけ、簡単で使い勝手も快適です。

留め具が小さくて使いにくい、ネックレスのワイヤーや糸に隙間ができているといったネックレスはごぜいませんか?糸換えして、新しい使いやすいパーツに換えるだけで見た目の印象も洗練され、使い勝手も良くなります。パールネックレスの糸換え、クラスプ(留め具)パーツの交換は是非カスタムメイドジュエリーフジコにお任せください。たくさんのパーツを取り揃えていますのでお手持ちのネックレスに合わせてお選びいただけます。

美しく快適に使えるジュエリーには適度なメンテナンスが必要です。

パールネックレスの糸換え時は、クリーニングエステもチャンス!

 

ジュエリーリペア(修理)/シルバーリングの厚みを変える方法

シルバーリングのお直し。一見なんの問題もなさそうな感じに見えますが、リング部分の地金が薄く、真ん中がつながっていないデザインなので着ける度に広がって変形してしまうとのこと。リング部分を厚くして欲しいとのご注文。
修理方法は薄い地金を貼付けるのではなく薄い部分を切り落として厚い地金につけかえます。これはリングのサイズ直しの要領ですが、同様に修理いたしました。修理過程を画像でごらんください。

カスタムメイドジュエリーフジコでは、ジュエリーの修理も承っております。リングのみならず切れたネックレスやブローチ針の修理などお困りのジュエリーがございましたら下記のフォームからお問い合わせくださいませ。