サファイアを新品同様に磨き直したジュエリーリモデル

ブルーサファイアのリングトップのデザインはそのままでボリュームのある形にお直してほしいというご注文。

細いリングを切り離してトップの部分をそのまま使用しますが、ブルーサファイアに細かなキズがあり、これを機にあらためて磨き直しいたしました。

宝石の磨き直しといっても全く小さくなったりはせず、重さもほとんど目減りしません。表面の再研磨で驚くほどつやぴかに輝きます。

ジュエリーをリモデルするのは主に土台となる金やプラチナといった地金の部分を作り直すことが多いのですが、主役であるダイアモンドやサファイアといった宝石そのものはそのまま再使用されることがほとんどです。長い間使用された宝石は小キズや欠けなど傷んでいる場合が多いのです。

せっかくデザインも新たに土台をお作りするのですから、宝石も再研磨して宝石本来の輝きを取り戻しましょう。カスタムメイドジュエリーフジコではジュエリーリモデルの際に、この宝石の再研磨をおすすめしています。

気に入っているジュエリーが欠けてしまった、デザインは気にいっているけど石がキズだらけ、ジュエリーが大きすぎるなど宝石にまつわるお悩みなどございませんか?あきらめていたジュエリー、磨き直して復活するかもしれません。カスタムメイドジュエリーフジコにご相談くださいませ。

ブローチをネックレスにリモデル

特大サイズのカメオのブローチですが一度も使ったことがないとのこと。
前リモデルでお持ち込みされたダイアモンドネックレスの残り部分をセンターに使って、新たなネックレスにリモデルすることに。

カメオの色に合わせて白かピンク系のものを考えていました。白さんご、貝パール、ピンク系淡水真珠などなど、実際に素材に合わせてみると微妙に色が違い、光沢などのバランスも合わず白、ピンク系の素材ではしっくりくるものがありませんでした。

色よりも形にフォーカスして、平らな形の素材を探しなおして、この赤いのを合わせてみたことろ意外にも濃い色が引き締めとなってぴったり♪
これ以上はないというベストな色と形でレッドジャスパーに決定いたしました。

クラスプ(留め具)は両面デザインのとても使いやすいワンタッチタイプを使用。
GPT糸で石と石の間に小粒の18金ボールを挟んでノット(結び目)を目立たないように糸組みでしっかりと仕上げました。

カメオの裏側のブローチ金具は取り外しすっきり軽くなり、他の誰も持っていない、似たようなものさえないような目を惹くオリジナルなあらたなネックレスにうまれかわりました。

使っていない大きめブローチやペンダントがある、以前は使っていたけど、壊れているなど使っていないジュエリーはございませんか?
ジュエリーに限らずお気に入りや思い出のアクセサリーなどございましたらカスタムメイドジュエリーフジコにご相談ください。

FUJIKOがセンスよく使えるジュエリーのリモデルをご提案いたします。

ご相談はサロンにて承ります。
お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 水曜日定休
Tel 052-782-8584

パールネックレスをブレスレットにリモデル

パールネックレスをブレスレットに作り替えて欲しいとのご注文。
パールネックレスはお母様の形見で何本かあり形見分けするにあたって、普段あまりジュエリーを着けない方にブレスレットなら着けるとのことで、ブレスレットに黒いオニキスを足したモダンな3連ブレスレットにして贈り物にしたいとのご依頼でした。

3連のブレスレットに作り替えるには、単純に2枚目の画像のように金具のないシリコンゴムで連組みしただけものを3本お仕立てすることもできます。アクセサリー感覚で毎日付けはずしするなら断然に着けやすいお仕立てです。

形見として贈り物にするので、ジュエリーとしてのお仕立てしてほしいとのこと。見栄えと耐久性を優先して、着けやすい磁石のはいったスライドタイプのブレスレット金具を使用し、耐久性のあるGPT糸で糸組み、3連の間には連結バーを入れて補強、ゴムタイプのブレスレットとは格段に違う仕上がりです。ブレスレット用のシックな箱に収めて素敵な思い出の贈り物となりました。

ジュエリーのリモデルをする際には、どのように使うか?普段に毎日着けたいか冠婚葬祭用で普段は着けないなどの目的をはっきりさせることがポイントです。

ジュエリー・リモデルカウンセラーのFujikoが、ジュエリーの素材、デザイン、加工に関する基本的な知識と25年の経験を持って、お客様のご要望を的確に受け止め、それをひとつの品物に昇華させ提供いたします。

ジュエリーリモデルのご相談は、お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 水曜日定休
Tel 052-782-8584

イアリングをペンダントにリモデル

両端のホワイトゴールドの部分がクリップ式のイアリングでした。
イアリングとしてはもう使わないのでオメガチョーカーに合わせるペンダントを作って欲しいとのご注文。中央のイエローゴールドの部分を作成いたしました。

イアリングであった状態をクリップ金具を外しただけで本体はそのまま使用し、中央のイエローゴールドの部分は両端のホワイトゴールドの部分と同様にダイアモンドを足して極小のミル彫りを施して一体感を出しました。イアリングからペンダントにリモデルしたことでイアリングの時よりも今使えるゴージャスなペンダントになりました。

ダイアモンドはお客様のお持ち込みの使わなくなったネックレスからはずして使用し、はずしたあとのネックレスの空枠やクリップ金具などの地金は下取りとしてリモデル代金から差し引きされます。

使っていないジュエリーを有効利用して今使えるジュエリーにリモデルしてみませんか?
カスタムメイドジュエリーフジコでは、お客様のお持ちいただいたジュエリーを何でも作り替えてしまうのではなくまずは、

  1. リモデルするもの
  2. 後世に残すべきもの
  3. 修理して使えるようにするもの
  4. スクラップするもの(地金のリサイクルへ)

に仕分けいたします。
持ち込まれたジュエリーの品質をわかる範囲でお客さまにお伝えし、お客様にとってのそのお品物の価値をお伺いしながら、どういう使い方をすることでそのジュエリーの価値が最大化できるかをアドバイスいたします。

ジュエリーリモデルのご相談は、お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 水曜日定休
Tel 052-782-8584

ネックレスからダイアモンドが最大限に輝くリングにリモデル

 

image

ダイアモンドの外側の枠にも小さなダイアを敷き詰めました。
小さなダイアモンドでもシングルカットの強い輝きの効果で内側のダイアモンドに反射して外周が細かく更に輝きが増しています。
中央のダイアモンドは0.420ct 直径4.6mm。

爪無しチョコ留めという留め方で枠の内側の地金をさらっているので地金が反射して裸石の状態よりもさらに大きく見えています。


もともとは六本爪の一粒ダイアモンドのネックレスでした。
結婚指輪をお仕立てされたお客様のお母様の形見ということでネックレスよりも着けて見ることのできるリングにリモデルしたいとのご注文でした。
シングルカットのダイアモンドはお母様の形見のエメラルドのピアスに入っていたもの。
この小さなシングルカットのダイアがなかったらここまでの輝きは出なかったことでしょう。


このダイアモンドのリングをピンキーリングにして結婚指輪と一緒に着けたいとのこと。
セットリングとして結婚指輪と一緒に薬指につけてもバランスのよい大きさでですが、そこをピンキーリングにして着けることでダイアモンドがさらに大きく見え、個性的な着けこなしになるのでした。

リングやネックレスからのリモデルのご相談で一番多いのがこのラウンドのダイアモンドです。ダイアモンドの状態によってはダイアモンドを磨き直し(リカット)してつやや輝きを引き出すこともできます。
カスタムメイドジュエリーフジコでは、ジュエリーをシンプルなデザインで最大限に輝きを引き出すセンスと技術で他とはひと味違うリモデルを実践いたしております。

使わなくなっているネックレスやリングにラウンドのダイアモンドはございませんか?カスタムメイドジュエリーフジコで輝くダイアモンドのジュエリーにリモデルしてみませんか?

ジュエリーリモデルのご相談はサロンにて承ります。
下記のフォームよりお問い合わせくださいませ。

リングから使えるペンダントにリモデル


リングだったものをそのままの形を使ってペンダントにリモデルいたしました。
左はチェーンタイプのネックレスに通して、右はオメガチョーカーに通した場合。同じペンダントでもどんなネックレスに合わせるかで見え方が全然変わります。

リングだったものはアクアマリンの上の部分が重くて指の中で回ってしまい落ちつかないとのこと。エメラルドカットが素敵なアクアマリンは気に入っていらっしゃるとのことで、そのままの形を使ってペンダントにしてみては?とご提案いたしました。製作過程を画像でご覧ください。

リングの時よりもペンダントにリモデルしたほうがアクアマリンがとても良く目立つように思いました。普段使い用にまたお出かけ用にとどんなネックレスに通すかで幾通りにも魅せることができます。

こちらもリングの形をそのまま使ってペンダントにリモデルいたしました。
リングの時は着けていると角があたって痛いと着け心地がよくないのであまりつけなくなっていたとのこと。デザインは洗練されていますのでそのまま向きを変えてペンダントへのリモデルをご提案いたしました。4mm幅の太いオメガチョーカーにも通せるようにとのご注文でしたのでネックレスを通す部分がかなり大きくなってしまいましたが、後ろに隠れているので正面からは見えずすっきりと着けられます。

全然使っていないリングがある、サイズ直しや加工ができないと以前に言われて宝石箱に入ったままのジュエリーがある、など宝石箱の中で眠っているジュエリーはございませんか?カスタムメイドジュエリーフジコではそんなジュエリーを上手にセンスよく使えるジュエリーに甦らせるリモデルを行っております。リモデルのご相談はサロンにて承ります。宝石箱ごとお持ちくださればフジコがカウンセリングいたしますのでお気軽にご来店くださいませ。

水晶のネックレスをおしゃれにリモデルする方法

よくある水晶(形が3角のカットタイプ)のネックレス。全く使っていないので何か使えるようにならないかしら?とのご依頼。形が三角の円錐状態なのでこのカットの特徴を生かして下に垂れる形で組み替えるデザインを考えてみました。アクセサリー感覚でカジュアルに使えるように思い切って全部バラバラにして大小全パーツを使い、細いリング4本とピアス2種類、ペンダント(ごめんなさい画像なし)を作成いたしました。リングは指のサイズにあわせて2本でも3本でも流行のレイヤーを楽しんで頂けます。

普段良く使うアイテムにリモデルすると全く使わなかったジュエリーが、まるで新しいジュエリーを購入したように生まれ変わってして大活躍します。

ジュエリー箱の中でこんなネックレス眠っていませんか?もし使っていないジュエリーがございましたらカスタムメイドジュエリーフジコにお気軽にご相談くださいませ。フジコがセンス良く使えるジュエリーにリモデルいたします♪

 

ジュエリーリモデル/ピアスやイアリングのペア石を使ったリングのリモデル例

pdt4l
プリンセスカット/ダイアモンド/4mm角

今はもう使わなくなったけど何かリモデルできないかしら?とお預かりするジュエリーで多いのがピアスやイアリングの類い、同じサイズの石がふたつ。大小、形や色も様々。
これらの形を生かした石を二つ使うデザインをずっと考えていてある時サイドに石を入れたらいいかもしれないと思いつきました。
石の形に合わせてリングの形も変わる。さっそくアイデアをデザインしてみると、ラウンド(丸)オーバル(楕円)にスクエア(正方形)マーキース(両端が尖ったボートのような形)ペアシェイブ(しずく型)、カット石でもカボション石でも珠でもバリエーションは無限大。

正方形のダイアモンドで作ったのが上写真のリング、四角リングの下は、小さめの丸いダイアモンドを入れたリング。ラウンドカットは一番普及しているかたちということもありますが不動の人気デザインです。ウェディングリングとしてもいいですね。

オーバルカット/ピンクトルマリン
6×8mmくらいのサイズ

FUJIKOいち押しのマーキースカット/サファイア ダイアモンド
ハイクオリティなダイアモンドで作ったプラチナのリングは本当に美しい。

ラウンド(珠)/パール
カット石だけでなく球体でもお作りできます。

オーバルカボション/エメラルド
サイドだけでは寂しいわというお客様に、トップにダイアモンドを敷き詰めてゴージャスにリモデルいたしました。

石の形でリングのかたちは変わりますが、基本のデザインは両サイドに石を置くこと。
小さめの石なら細めのリングに、2つ使ってハート型や3つでクローバー型などバリエーションは無限大。お客様の指のサイズに合わせてリングの幅やボリュームは調整いたします。

もしお気に入りの同じサイズの石をふたつお持ちでこのデザインがお気に召しましたら、リングにリモデルしてみませんか?
リモデルのご相談はサロンにて承ります。お手持ちの石が、リングに向いているかどうか?お客様の手の形と指のサイズに合うかどうか?診断いたします。まずは下記のフォームからお手持ちの石の形とサイズをお知らせくださいませ。

 

ジュエリーリモデル/思い出を残す

ジュエリーをリモデルする場合、現状の枠や土台から石をはずして新たなるものをお作りする場合と土台である地金部分をそのまま使いそのジュエリーの特徴を残してしてリモデルする場合がございます。

結婚指輪やエンゲージリング、親族から譲られた思い出のジュエリーなど、地金はそのまま残したい、デザインはそのままでアイテムを変えたい、など「土台の地金を生かす」ことを優先にしたリモデルの実例です。

image
デザインはそのままでリングからペンダントに。

お爺様から譲られた18金の太い指輪と色の違う真珠のタイピン2つから、
幅太のリングを半分に切って細い指輪2本に分け、サイズを直して2連リングに。
パールの大きさと色の違いもいいアクセントになりました。

rbd009

お婆様から譲られたダイアのイアリングをブローチに。
ダイアモンドと石枠はそのまま残していつも身につけられる普段使いのブローチに。

image

お母様の思い出のリングを石枠のデザインそのまま生かしてペンダントにリモデル。
ネックレスのチェーンが取り外せるようにバチカン(チェーンを通すための環)を加工しました。


お姉様からジュエリーをたくさん譲り受けどうしたらいいかわからないのでなんとかならないか?とのご依頼。
ご自身のすでに持っていらっしゃるたくさんのアイテムとうまくコーディネイトできるように譲り受けたたくさんのジュエリーの中から1ctサイズのラウンドダイアモンドとマーキースカットのダイアモンド、パヴェダイアモンドのダイアモンドのみを選定。お姉様の思い出のジュエリーも残しつつ、お客様好みのよりゴージャスなペンダントとイアリングにリモデルされました。

 

こちらはサイズの合わなくなった結婚指輪ですが、サイズ直しをしつつイメージも変えたいというご要望をもとに、リング土台の18金部分でサイズ直しをして新たにダイアモンドを足すことに。結婚指輪の思い出を少しゴージャスにリモデルされました。

大切な記念や思い出のジュエリーを自分らしいジュエリーにリモデルして甦らせませんか?

ジュエリーリモデルのご相談はカスタムメイドジュエリーフジコのサロンにて承ります。
リモデルしたいジュエリーがございましたら下記のフォームからお問い合わせくださいませ。

リモデルジュエリー/結婚指輪編

サイズが合わなくなって着けなくなっていた結婚指輪、プラチナと18金のコンビリングなのでサイズ直しは難しいと購入店で断られて長い間そのままになっていたそうです。
リモデル前

直しても着けるかどうか?迷うところ、「直すよりも変えたい」というお客様のお声にお答えしてダイアモンドを足して少しゴージャスに加工いたしました。

image

基本的なリングのデザインは変えずに、サイズ直しをしてダイアモンドを足す加工だけでこんなにも印象が変わりました。

結婚指輪の定番であるごく普通の甲丸型のリングもリモデルしてセンスのいい2連リングに変身します。サイズ直しをして細いリングを足して、ほら♪

2連リング

地金の色を変えてコンビにしたりつや消しにしたりとちょっとした工夫で自分テイストに変えられます。

眠っているジュエリーをリモデルして大切な記念や思い出をセンス良く甦らせませんか?

ジュエリーリモデルのご相談はカスタムメイドジュエリーフジコのサロンにて承ります。
眠っているジュエリーがございましたら下記のフォームからお問い合わせくださいませ。