3つのポイントで見る!本真珠と模造真珠の見分け方

どちらが本真珠でしょう?どちらもそれなりにツヤがあってパッと見はわからないですよね。

自分の持っている真珠のネックレスが本物か?ニセモノか?わからず困っている方、おおまかに知りたいという方は多いはず。誰でも簡単に見分けるコツをパールメンテナンスマスターのフジコがお教えます。

まず最初に天然や養殖の本真珠と模造パールの見分けでは、パール同士をこすり合わせてみることです。本真珠は表面がガサガサと引っかかりあり、模造品は表面が滑らかでツルツルしています。いかがですか?

こすり合わせてみたけどいまいちよくわからない、確かに一つだけ触ってみていても比べるものがなければ尚のことですよね。もし真珠製品をいくつかお持ちでしたらこすり合わせた感じを比べてみてください。ツルツル?ガサガサ?

2つめは、珠と珠の間の穴をよーく見てみてください。本真珠の穴は小さく穴のエッジが立ったシャープな感じです。模造真珠はというと穴が大きい、穴の周りの塗装物がめくれていたり、反対に飛び出ていたりします。

どんな感じでしょうか?珠と珠を広げすぎると糸が切れたりするかもしれませんので優しく広げてみてくださいね。穴付近は汚れていたりする場合が多いでしょう。その場合は先細の綿棒で少し掃除してみてください。

最後のポイントですが、ネックレスの留め具を見てください。どんなものが使われているでしょうか?

古いものや新しいもの様々な形がありますが真珠と留め具はどのようにつながっているでしょうか?どんな金具が使われているかである程度は判断できますのと、本真珠であらばお仕立ての良し悪しの程度が分かります。

まず模造真珠では下左画像のような引っ掛ける輪が開くような仕様になっている合金金具が使われることが多いです。糸やテグスが折り返されておらず結び目があります。金具の中に収まっていたり出てる場合が多いです。(稀に本真珠でも低価格商品などこのようなアクセサリー金具が使われることもありますが)

反対に本真珠は糸もしくはワイヤーなどが使われますが留め具とつながる輪は開いていません。糸やワイヤーなどの結び目がなく折り返されています。

どんな金具が使われているかは、本真珠と模造真珠との決定的な見分け方ではございませんが、安価な商品と高級品との判断材料として覚えておかれると価値を知る上での見極めポイントになります。模造真珠でも留め具の仕様やお仕立てがしっかりしているということは、使いやすく安価な金具と比べ耐久性がある言えます。

いかがでしたか?本物と思っていたら模造真珠だったりその反対だったりドキドキですよね。模造真珠も精巧に作られていて迷いますが、この3つのポイントで見分ければすぐに判断できます。モヤモヤがスッキリされこの見分け方がお役に立てられたなら幸いです。

本真珠だったら真珠のクリーニングエステでリフレッシュしませんか?絶対に一度はやってみるべき感動のツヤです!

 

 

パールメンテナンスマスター歴5年で培ったパールネックレスの糸換え方法5つのポイント

こんにちは、パールメンテナンスマスターの庄島です。(現在の称号名はパールC&Eマスター
パールネックレスの糸が長期の使用により緩んだり、珠と珠の間に隙間ができていたら新しい糸に替える必要があります。

この糸換えってどうやってってするんだろう?と検索されている方のために、一般的なパールネックレスのためのストレートの糸換え時におけるポイントを5つご紹介いたします。

まずストレートの糸組みについてですが、両端の珠4個の間に結び目が3つあることが特徴です。これはクラスプ(留め具)の開け閉めによる珠と珠の間の擦れでできる傷防止、真珠の孔(あな)の硬いエッジに擦られる糸の消耗を防ぐためです。

糸換えの方法や使う道具は人によって多少異なります。
カスタムメイドジュエリーフジコでは真珠科学研究所にて習得した導糸(みちいと)を使用する方法で、糸はパール用の切れにくく伸びにくい丈夫なGPT糸(高密度ポリエチレン糸)を使用します。

一つ目はどんな道具が使われるのか?

作業は蓮台(れんだい)と呼ばれる作業台にて行われます。
使う道具はニッパー、パール用糸、パール用糸切り用ハサミ、ビーズ針、導糸用糸(薄地用ミシン糸)、糸切り用ハサミ、ノリ(セメダイン)

二つめは使用する糸の太さはどのように決まるのか?

真珠の孔(あな)の直径次第ですが、孔(あな)の大きさはドリル等を通してみることで測ります。
5ミリ珠、6ミリ珠、7ミリ珠の場合、孔の直径は0.7ミリであることがほとんどで20番糸が使用されます。長さはネックレスの長さ+αを二本どりで通しますが両裾珠は5個は折り返すので計4本の糸が通ります。

三つめは糸を真珠の穴にどうやって通すか?

銅線などを使用する方法もあるようですが、カスタムメイドジュエリーフジコでは細くて長いビーズ針(太さは0.38ミリから04ミリ)を使用します。
GPT糸はビーズ針の小さな穴に直接通すことはできないので導糸(みちいと)(薄地用のミシン糸を使用)を介してビーズ針と繋がれます。

四つめはネックレスの並びを間違えない様にどうやって的確に針を通すか?

作業のポイントは最初に古い糸を全部抜いてしまわないことです。
最初にクラスプ(留め具)の差し込み側から5番目と6番目の間の糸をニッパーで切り、5番目から針を通し4,3,2,1番目に珠を通しクラスプ側に通して折り返します。4番目の珠までの間に結び目を3つ作ります。ここからポイントですが右から針を通し左側から珠を右へ送りつつ左側から古い糸を抜いてゆくことで、真珠の並び(順番、向き)を間違うことなく的確に針を通すことができます。

最後にどうやったら糸が緩まない様に組めるのか?

最後の詰めをネックレスを垂らした状態にして行うこと、クラスプ(留め具)の受け側を持ちつつ一番端の珠を指で下へ押し込むことで隙間なくぎっちりと組むことができます。

パールネックレスの糸換えをもっと詳しく知りたいと思われたなら、真珠科学研究所から販売されております「真珠の糸換えDVD」がおすすめです。

2016年11月に発売。作り手目線で撮影された大変分かりやい映像です。

パールネックレスの糸は緩むまでに時間はありますが、緩んでから切れるまでは想定外に早いものです。緩んでいるということは糸の撚り(より)が切れてきているということ、外出先で糸が切れてバラバラになるという惨事を避けるために早めの糸換えを!

知らないと損!効果抜群の’’宝石の’’磨き直しビフォーアフター3つの実例

ダイアモンドやルビー、サファイアなど宝石そのものが磨き直しできることをご存知でしょうか?

今まで金やプラチナの地金部分がリモデルやサイズ直しで新しくなったり綺麗になっても主役であるはずの宝石そのものはそのままでした。リモデルするために外された宝石の多くは思いがけず欠けていたり小傷がついて傷んでいる場合が多いのですが、宝石そのものを磨き直すことを思い付くことは少ないのでは?

そもそも磨き直したらその分サイズが小さくなるのでは?

そんなことはございません。
宝石を研磨する職人さん曰く、大きく欠けていたり全体のシェイプ(形)を変えるならばそれはもちろん減りますが、小傷程度で表面の新品研磨だけではほとんど目減りすることはないと。ジュエリーをお直しするのになぜ宝石は磨かないのか?本当そうですよね。

サイズ直しやリモデルで宝石を石枠から外すのですから、宝石も再研磨して宝石本来の輝きを取り戻しましょう。驚くほどの感動のツヤが蘇ります。カスタムメイドジュエリーフジコではジュエリーリモデルやサイズ直しの際に、この宝石の再研磨をおすすめしています。

輝くジュエリーの秘訣は宝石の磨き直しから。

サイズ直しをする際に上面のみ再研磨

お母様が長年毎日つけられていた思い出のリングを譲られたけれど、エメラルドのエッジ面が消えるほど傷んでいてサイズ直ししても使わないかもしれないとのご相談。
大事なのは思い出なので必ずしも着けなくてもリングを見るだけでもいいもの、石を綺麗にしたら着けたくなるかもしれないということで、
あいにくエメラルドを外してみると裏側もまたかなり傷んでいたので、上面だけを磨き直しつやとエッジが復活!お母様の思い出のリングがきれいに蘇りました。

リモデルする際に

縦向きのオーバルカットのブルーサファイアのセンターパーツをそのまま使って横向きに変えボリュームのある形にリモデルした際、サファイアを外して表裏ガードル全部を新品研磨し直しました。

もともと綺麗なブルーサファイアでしたが、全面新品研磨後は一段と一目で綺麗になったとわかるほど艶ピカに、本来の深い透明感が甦り、取り巻の周りのダイアモンドからの反射も相まってサファイアの輝きもボリュームアップしました。

リモデルする際にデザインに合わせて全面再研磨

ガーネットのリング、宝石のサイドが見えるデザインにリモデルしたいとのご注文でしたが、あいにくガードルが欠けていて下半分が深めのオーバルカット石であったためご希望のデザインには大きすぎるアンバンバランスな状態でした。(ビフォー写真なくてごめんなさい)

そこでこれを機に欠けたガードルを研磨し直し、表、裏面を再研磨してすっきりさせました。18金の土台にすっきりと収まり誕生石の思い出が新しくなって甦りました。

ジュエリーの形やサイズが微妙、傷や欠けがあるからとリモデルを諦めていた宝石がある、リモデルやサイズ直ししたいジュエリーがある、ならば「宝石の磨き直し」を覚えておいてください。宝石そのものを磨き直す効果は想像以上です。

 

定休日変更のお知らせ

2017年5月より定休日は火・水曜日となります。

営業時間は12時〜17時
日・祝日は営業いたしております。

営業時間外でも事前にご連絡いただければ対応いたします。
下記のフォームよりまたはお電話にてお願い申し上げます。

真珠のメンテナンス〜⑤本当のクリーニングのススメ2017

真珠のメンテナンス〜①パールネックレスに7つの自己診断法
真珠のメンテナンス〜②本当のクリーニングのススメ
真珠のメンテナンス〜③甦った真珠をいつまでも美して保つエステ
真珠のメンテナンス〜④糸換えのススメ

2014年6月の投稿以来たくさんのお問い合わせならびにご注文いただきありがとうございます。おかげさまで真珠ネックレスのクリーニングに関するインターネットでのお問いあわせ、ご依頼が増えてまいりました。

真珠ネックレス(あこや真珠(白、ナチュラルブルー)南洋真珠(黒蝶真珠、白蝶真珠))のクリーニング&エステ、糸換えは店頭にて真珠を診断のうえ承りますのでご来店いただくのが基本ですが、郵送等でのご依頼も可能です。
郵送等によるご依頼の場合のご注文の流れ、ご注意、今までのお問い合わせであったご質問をまとめてみました。

郵送等によるご注文の流れ

①メールフォームよりご依頼品の詳細をお知らせください。
②だいたいのお見積もりをお知らせいたします。
②ご依頼品をお送りください。
③診断の結果クリーニング可の場合、銀行・郵便お振込ご希望の方は
 前払いにてお支払ください。
 クリーニング不可の場合は、送料着払いにてご返送いたします。
④受注後約2週間ほどでご返送
ご依頼品をお送りいただく前に

イミテーション(模造真珠)はクリーニング&エステができません。
鑑別ポイントがございますので一度チェックしてみてください。

①珠と珠をこすり合わせる
 真珠はひっかかりを感じますが、模造真珠はすべる感じがあります。
②珠の孔口の状態を見る
 真珠に比べ、模造真珠の孔口は「崩れている」「擦り跡がある」
「口径が大きい」
お送りいただく際のご注意

万が一の郵便事故を防ぐためご依頼品はレターパック、
宅配便等でお送りください。
その際ネックレスはケースに入れてもしくはプチプチ等
で梱包お願いいたします。

今までにいただいた真珠のクリーニング&エステ(マイクロパーマネント)糸換えに関するご質問

Q1 イミテーションのネックレスかどうかわかりません。
  糸がきれて金具がさびています。
  糸換えと金具交換だけでもできますか?

イミテーションのネックレスかどうかは無料で診断いたします。
イミテーションだった場合でも珠の状態により糸換え、
金具交換は可能です。
Q2昔より黄ばんだような気がします。クリーニングできますか?

真珠の「黄味」は真珠層内のタンパク質が紫外線や経年などの影響
により変化したものなので、残念ながら一度黄ばんでしまった真珠
はもとには戻すことはできませんがクリーニングすることはできます。
真珠の表面を研磨し、新しい層を出すことで「テリ」が甦ります。

またマイクロパーマネント加工を施すとそれ以降の黄ばみの進行を
遅らせることはできます。真珠を白く戻すことはできませんが、
つやが出てくるので黄ばみがうすくみえるようになったり、
逆にクリーニングで表面のくもりがとれることで目立ったりする
こともまれにございます。
Q3真珠にキズのようなものがあります。クリーニングできますか?

真珠のクリーニングは、あくまでも購入時のテリを出来る限り修復する
作業であり、もともと輝きのない真珠を輝かせたり、キズ、ひびなど
真珠層構造が破壊されたものを修復することはできません。
クリーニングすることはできますが、キズの種類や程度によってはでき
ない場合もございます。ネックレスの中にそういった状態の珠があった
場合はその珠を抜く、または新たな珠に交換することでクリーニング&
エステ(マイクロパーマネント)をすることができます。

※加工キズ
養殖に続く必須行程のひとつである加工工程。特に漂白工程でできるもので、小さなひびや斑点(スポット)として表面に現れる。

Q4二連のネックレスですが、ロングの1連にできますか?
 いくらでしょうか?

もちろんお仕立て直しできます。80cmまでのストレートタイプの糸換え
料金は¥3,000(+税)です。
それ以上ですと40cmあたり割り増し¥750(+税)になります。
2連を1連にする場合、1連用の金具に交換する必要がございますので
糸換え代+クラスプ代(シルバー製¥1050~,ワンタッチタイプ¥2,160~)
になります。
Q5マイクロパーマネントは「PS加工」に似たものですか?

PS加工は炭酸カルシウムの表面をフッ化カルシウムに形成させ結合を
強化するとのことですが、マイクロパーマネントは炭酸カルシウムを
一切変化させません。全く異なる技術でございます。

真珠科学研究所のマイクロパーマネントはクリーニング終了後の真珠に、
真空技術を用いて高分子化合物を含浸する事により、真珠層内のタンパ
ク質に作用し、真珠自体の耐久性を高め、以降の劣化を遅らせる為の
技術です。真珠表面のコーティングではない事は電子顕微鏡で確認され
ています。
Q6淡水真珠はクリーニングできますか?

淡水真珠のクリーニングはできます。染色加工されたものでもろく
なっているなど状態によってはできない場合もございます。

お手持ちの真珠ネックレスでお困りはございませんか?クリーニング&エステ&糸換えのご用命は下記のメールフォームからお願いいたします。

 

 

 

 

 

持っているだけだったカメオのブローチが新しくネックレスに生まれ変わりました

特大サイズのカメオのブローチですが一度も使ったことがないとのこと。
前リモデルでお持ち込みされたダイアモンドネックレスの残り部分をセンターに使って、新たなネックレスにリモデルすることに。

カメオの色に合わせて白かピンク系のものを考えていました。白さんご、貝パール、ピンク系淡水真珠などなど、実際に素材に合わせてみると微妙に色が違い、光沢などのバランスも合わず白、ピンク系の素材ではしっくりくるものがありませんでした。

色よりも形にフォーカスして、平らな形の素材を探しなおして、この赤いのを合わせてみたことろ意外にも濃い色が引き締めとなってぴったり♪
これ以上はないというベストな色と形でレッドジャスパーに決定いたしました。

クラスプ(留め具)は両面デザインのとても使いやすいワンタッチタイプを使用。
GPT糸で石と石の間に小粒の18金ボールを挟んでノット(結び目)を目立たないように糸組みでしっかりと仕上げました。

カメオの裏側のブローチ金具は取り外しすっきり軽くなり、他の誰も持っていない、似たようなものさえないような目を惹くオリジナルなあらたなネックレスにうまれかわりました。

使っていない大きめブローチやペンダントがある、以前は使っていたけど、壊れているなど使っていないジュエリーはございませんか?
ジュエリーに限らずお気に入りや思い出のアクセサリーなどございましたらカスタムメイドジュエリーフジコにご相談ください。

FUJIKOがセンスよく使えるジュエリーのリモデルをご提案いたします。

ご相談はサロンにて承ります。
お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 水曜日定休
Tel 052-782-8584

バラバラだったパールネックレスが装いも新たにブレスレットに生まれ変わりました

パールネックレスをブレスレットに作り替えて欲しいとのご注文。
パールネックレスはお母様の形見で何本かあり形見分けするにあたって、普段あまりジュエリーを着けない方にブレスレットなら着けるとのことで、ブレスレットに黒いオニキスを足したモダンな3連ブレスレットにして贈り物にしたいとのご依頼でした。

3連のブレスレットに作り替えるには、単純に2枚目の画像のように金具のないシリコンゴムで連組みしただけものを3本お仕立てすることもできます。アクセサリー感覚で毎日付けはずしするなら断然に着けやすいお仕立てです。

形見として贈り物にするので、ジュエリーとしてのお仕立てしてほしいとのこと。見栄えと耐久性を優先して、着けやすい磁石のはいったスライドタイプのブレスレット金具を使用し、耐久性のあるGPT糸で糸組み、3連の間には連結バーを入れて補強、ゴムタイプのブレスレットとは格段に違う仕上がりです。ブレスレット用のシックな箱に収めて素敵な思い出の贈り物となりました。

ジュエリーのリモデルをする際には、どのように使うか?普段に毎日着けたいか冠婚葬祭用で普段は着けないなどの目的をはっきりさせることがポイントです。

ジュエリー・リモデルカウンセラーのFujikoが、ジュエリーの素材、デザイン、加工に関する基本的な知識と25年の経験を持って、お客様のご要望を的確に受け止め、それをひとつの品物に昇華させ提供いたします。

ジュエリーリモデルのご相談は、お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 水曜日定休
Tel 052-782-8584

痛くて使えなかったイアリングがデザインそのままでペンダントに!?

両端のホワイトゴールドの部分がクリップ式のイアリングでした。
イアリングとしてはもう使わないのでオメガチョーカーに合わせるペンダントを作って欲しいとのご注文。中央のイエローゴールドの部分を作成いたしました。

イアリングであった状態をクリップ金具を外しただけで本体はそのまま使用し、中央のイエローゴールドの部分は両端のホワイトゴールドの部分と同様にダイアモンドを足して極小のミル彫りを施して一体感を出しました。イアリングからペンダントにリモデルしたことでイアリングの時よりも今使えるゴージャスなペンダントになりました。

ダイアモンドはお客様のお持ち込みの使わなくなったネックレスからはずして使用し、はずしたあとのネックレスの空枠やクリップ金具などの地金は下取りとしてリモデル代金から差し引きされます。

使っていないジュエリーを有効利用して今使えるジュエリーにリモデルしてみませんか?
カスタムメイドジュエリーフジコでは、お客様のお持ちいただいたジュエリーを何でも作り替えてしまうのではなくまずは、

  1. リモデルするもの
  2. 後世に残すべきもの
  3. 修理して使えるようにするもの
  4. スクラップするもの(地金のリサイクルへ)

に仕分けいたします。
持ち込まれたジュエリーの品質をわかる範囲でお客さまにお伝えし、お客様にとってのそのお品物の価値をお伺いしながら、どういう使い方をすることでそのジュエリーの価値が最大化できるかをアドバイスいたします。

ジュエリーリモデルのご相談は、お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

営業時間 12:00~17:00 水曜日定休
Tel 052-782-8584

一粒ネックレスからダイアモンドが最大限に輝くリングにリモデル

 

image

ダイアモンドの外側の枠にも小さなダイアを敷き詰めました。
小さなダイアモンドでもシングルカットの強い輝きの効果で内側のダイアモンドに反射して外周が細かく更に輝きが増しています。
中央のダイアモンドは0.420ct 直径4.6mm。

爪無しチョコ留めという留め方で枠の内側の地金をさらっているので地金が反射して裸石の状態よりもさらに大きく見えています。


もともとは六本爪の一粒ダイアモンドのネックレスでした。
結婚指輪をお仕立てされたお客様のお母様の形見ということでネックレスよりも着けて見ることのできるリングにリモデルしたいとのご注文でした。
シングルカットのダイアモンドはお母様の形見のエメラルドのピアスに入っていたもの。
この小さなシングルカットのダイアがなかったらここまでの輝きは出なかったことでしょう。


このダイアモンドのリングをピンキーリングにして結婚指輪と一緒に着けたいとのこと。
セットリングとして結婚指輪と一緒に薬指につけてもバランスのよい大きさでですが、そこをピンキーリングにして着けることでダイアモンドがさらに大きく見え、個性的な着けこなしになるのでした。

リングやネックレスからのリモデルのご相談で一番多いのがこのラウンドのダイアモンドです。ダイアモンドの状態によってはダイアモンドを磨き直し(リカット)してつやや輝きを引き出すこともできます。
カスタムメイドジュエリーフジコでは、ジュエリーをシンプルなデザインで最大限に輝きを引き出すセンスと技術で他とはひと味違うリモデルを実践いたしております。

使わなくなっているネックレスやリングにラウンドのダイアモンドはございませんか?カスタムメイドジュエリーフジコで輝くダイアモンドのジュエリーにリモデルしてみませんか?

ジュエリーリモデルのご相談はサロンにて承ります。
下記のフォームよりお問い合わせくださいませ。