パールメンテナンスマスター歴5年で培ったパールネックレスの糸換え方法5つのポイント

こんにちは、パールメンテナンスマスターの庄島です。(現在の称号名はパールC&Eマスター
パールネックレスの糸が長期の使用により緩んだり、珠と珠の間に隙間ができていたら新しい糸に替える必要があります。

この糸換えってどうやってってするんだろう?と検索されている方のために、一般的なパールネックレスのためのストレートの糸換え時におけるポイントを5つご紹介いたします。

まずストレートの糸組みについてですが、両端の珠4個の間に結び目が3つあることが特徴です。これはクラスプ(留め具)の開け閉めによる珠と珠の間の擦れでできる傷防止、真珠の孔(あな)の硬いエッジに擦られる糸の消耗を防ぐためです。

糸換えの方法や使う道具は人によって多少異なります。
カスタムメイドジュエリーフジコでは真珠科学研究所にて習得した導糸(みちいと)を使用する方法で、糸はパール用の切れにくく伸びにくい丈夫なGPT糸(高密度ポリエチレン糸)を使用します。

一つ目はどんな道具が使われるのか?

作業は蓮台(れんだい)と呼ばれる作業台にて行われます。
使う道具はニッパー、パール用糸、パール用糸切り用ハサミ、ビーズ針、導糸用糸(薄地用ミシン糸)、糸切り用ハサミ、ノリ(セメダイン)

二つめは使用する糸の太さはどのように決まるのか?

真珠の孔(あな)の直径次第ですが、孔(あな)の大きさはドリル等を通してみることで測ります。
5ミリ珠、6ミリ珠、7ミリ珠の場合、孔の直径は0.7ミリであることがほとんどで20番糸が使用されます。長さはネックレスの長さ+αを二本どりで通しますが両裾珠は5個は折り返すので計4本の糸が通ります。

三つめは糸を真珠の穴にどうやって通すか?

銅線などを使用する方法もあるようですが、カスタムメイドジュエリーフジコでは細くて長いビーズ針(太さは0.38ミリから04ミリ)を使用します。
GPT糸はビーズ針の小さな穴に直接通すことはできないので導糸(みちいと)(薄地用のミシン糸を使用)を介してビーズ針と繋がれます。

四つめはネックレスの並びを間違えない様にどうやって的確に針を通すか?

作業のポイントは最初に古い糸を全部抜いてしまわないことです。
最初にクラスプ(留め具)の差し込み側から5番目と6番目の間の糸をニッパーで切り、5番目から針を通し4,3,2,1番目に珠を通しクラスプ側に通して折り返します。4番目の珠までの間に結び目を3つ作ります。ここからポイントですが右から針を通し左側から珠を右へ送りつつ左側から古い糸を抜いてゆくことで、真珠の並び(順番、向き)を間違うことなく的確に針を通すことができます。

最後にどうやったら糸が緩まない様に組めるのか?

最後の詰めをネックレスを垂らした状態にして行うこと、クラスプ(留め具)の受け側を持ちつつ一番端の珠を指で下へ押し込むことで隙間なくぎっちりと組むことができます。

パールネックレスの糸換えをもっと詳しく知りたいと思われたなら、真珠科学研究所から販売されております「真珠の糸換えDVD」がおすすめです。

2016年11月に発売。作り手目線で撮影された大変分かりやい映像です。

パールネックレスの糸は緩むまでに時間はありますが、緩んでから切れるまでは想定外に早いものです。緩んでいるということは糸の撚り(より)が切れてきているということ、外出先で糸が切れてバラバラになるという惨事を避けるために早めの糸換えを!

美しく快適に使えるパールネックレスの糸換え時における3つのポイント〜南洋真珠編

ちょっと珍しいチョコレート色の南洋真珠、11mmと大珠です。


いざ使おうとしたら留め具が変色してた!クラスプ(留具)の交換と糸換えの時です。

まず最初に糸組みの方法についてです。

南洋真珠や8mm以上の大きい珠は、珠と珠の間に結び目がある『オールナッツの糸組み』がオススメです。珠と珠の間の擦れが少なく珠の形がはっきり見えます。また万が一どこかで糸が切れたとしても珠がバラバラになる不安もございません。

お手持ちのネックレスをチェックしてみてください。ワイヤー組みでシリコンクッションが取れてる、垂らしてみたら糸が見える(緩んでいる)なら糸換えを!

二つ目は糸の色についてです。

濃色の真珠の場合、GPT糸(グンゼパワースレッド)のグレー色がオススメです。以前は白糸しかなかったため黒真珠など濃い色の真珠にも白糸を使用していましたが、このグレー色の登場で糸が目立ちにくくなりました。
この丈夫で切れにくいGPT糸は染めることが大変に難しいということで生産量が少なく取り扱っているお店が少ないんです。糸換えしたら白糸になっていてびっくりしたというお話ございますから、使用される糸の色は要確認です。

参考までにネックレスに合わせた色々な色糸もお選びできます。(ポリエステル糸)オーツナッツ組みの場合は特に結び目が目立ちますので色糸の方が自然な感じで仕上がります。
この場合小さめの珠ですがネックレスの長さを長くしたいとのことでオールナッツで組み5cm長くすることができました。

3つ目はクラスプ(留め具)についてです。

上写真の変色した留め具はワンタッチタイプで使いやすいのですが、裏表がありこのサイズの大珠に合わせると浮いて裏返ってしまうこともあります。10ミリ以上の大珠には裏表のない球体型のデザインのプッシュタイプの留め具がオススメです。
球体型の留め具が使用されたネックレスは珠との一体感が出たデザインになり見た目も美しくスッキリ、上部のボタンを押すだけで取りはずすことができ、着けるときは差し込み側をカチっと押し込むだけ、簡単で使い勝手も快適です。

留め具が小さくて使いにくい、ネックレスのワイヤーや糸に隙間ができているといったネックレスはごぜいませんか?糸換えして、新しい使いやすいパーツに換えるだけで見た目の印象も洗練され、使い勝手も良くなります。パールネックレスの糸換え、クラスプ(留め具)パーツの交換は是非カスタムメイドジュエリーフジコにお任せください。たくさんのパーツを取り揃えていますのでお手持ちのネックレスに合わせてお選びいただけます。

美しく快適に使えるジュエリーには適度なメンテナンスが必要です。

パールネックレスの糸換え時は、クリーニングエステもチャンス!

 

真珠のメンテナンス〜⑤本当のクリーニングのススメ2017

真珠のメンテナンス〜①パールネックレスに7つの自己診断法
真珠のメンテナンス〜②本当のクリーニングのススメ
真珠のメンテナンス〜③甦った真珠をいつまでも美して保つエステ
真珠のメンテナンス〜④糸換えのススメ

2014年6月の投稿以来たくさんのお問い合わせならびにご注文いただきありがとうございます。おかげさまで真珠ネックレスのクリーニングに関するインターネットでのお問いあわせ、ご依頼が増えてまいりました。

真珠ネックレス(あこや真珠(白、ナチュラルブルー)南洋真珠(黒蝶真珠、白蝶真珠))のクリーニング&エステ、糸換えは店頭にて真珠を診断のうえ承りますのでご来店いただくのが基本ですが、郵送等でのご依頼も可能です。
郵送等によるご依頼の場合のご注文の流れ、ご注意、今までのお問い合わせであったご質問をまとめてみました。

郵送等によるご注文の流れ

①メールフォームよりご依頼品の詳細をお知らせください。
②だいたいのお見積もりをお知らせいたします。
②ご依頼品をお送りください。
③診断の結果クリーニング可の場合、銀行・郵便お振込ご希望の方は
 前払いにてお支払ください。
 クリーニング不可の場合は、送料着払いにてご返送いたします。
④受注後約2週間ほどでご返送
ご依頼品をお送りいただく前に

イミテーション(模造真珠)はクリーニング&エステができません。
鑑別ポイントがございますので一度チェックしてみてください。

①珠と珠をこすり合わせる
 真珠はひっかかりを感じますが、模造真珠はすべる感じがあります。
②珠の孔口の状態を見る
 真珠に比べ、模造真珠の孔口は「崩れている」「擦り跡がある」
「口径が大きい」
お送りいただく際のご注意

万が一の郵便事故を防ぐためご依頼品はレターパック、
宅配便等でお送りください。
その際ネックレスはケースに入れてもしくはプチプチ等
で梱包お願いいたします。

今までにいただいた真珠のクリーニング&エステ(マイクロパーマネント)糸換えに関するご質問

Q1 イミテーションのネックレスかどうかわかりません。
  糸がきれて金具がさびています。
  糸換えと金具交換だけでもできますか?

イミテーションのネックレスかどうかは無料で診断いたします。
イミテーションだった場合でも珠の状態により糸換え、
金具交換は可能です。
Q2昔より黄ばんだような気がします。クリーニングできますか?

真珠の「黄味」は真珠層内のタンパク質が紫外線や経年などの影響
により変化したものなので、残念ながら一度黄ばんでしまった真珠
はもとには戻すことはできませんがクリーニングすることはできます。
真珠の表面を研磨し、新しい層を出すことで「テリ」が甦ります。

またマイクロパーマネント加工を施すとそれ以降の黄ばみの進行を
遅らせることはできます。真珠を白く戻すことはできませんが、
つやが出てくるので黄ばみがうすくみえるようになったり、
逆にクリーニングで表面のくもりがとれることで目立ったりする
こともまれにございます。
Q3真珠にキズのようなものがあります。クリーニングできますか?

真珠のクリーニングは、あくまでも購入時のテリを出来る限り修復する
作業であり、もともと輝きのない真珠を輝かせたり、キズ、ひびなど
真珠層構造が破壊されたものを修復することはできません。
クリーニングすることはできますが、キズの種類や程度によってはでき
ない場合もございます。ネックレスの中にそういった状態の珠があった
場合はその珠を抜く、または新たな珠に交換することでクリーニング&
エステ(マイクロパーマネント)をすることができます。

※加工キズ
養殖に続く必須行程のひとつである加工工程。特に漂白工程でできるもので、小さなひびや斑点(スポット)として表面に現れる。

Q4二連のネックレスですが、ロングの1連にできますか?
 いくらでしょうか?

もちろんお仕立て直しできます。80cmまでのストレートタイプの糸換え
料金は¥3,000(+税)です。
それ以上ですと40cmあたり割り増し¥750(+税)になります。
2連を1連にする場合、1連用の金具に交換する必要がございますので
糸換え代+クラスプ代(シルバー製¥1050~,ワンタッチタイプ¥2,160~)
になります。
Q5マイクロパーマネントは「PS加工」に似たものですか?

PS加工は炭酸カルシウムの表面をフッ化カルシウムに形成させ結合を
強化するとのことですが、マイクロパーマネントは炭酸カルシウムを
一切変化させません。全く異なる技術でございます。

真珠科学研究所のマイクロパーマネントはクリーニング終了後の真珠に、
真空技術を用いて高分子化合物を含浸する事により、真珠層内のタンパ
ク質に作用し、真珠自体の耐久性を高め、以降の劣化を遅らせる為の
技術です。真珠表面のコーティングではない事は電子顕微鏡で確認され
ています。
Q6淡水真珠はクリーニングできますか?

淡水真珠のクリーニングはできます。染色加工されたものでもろく
なっているなど状態によってはできない場合もございます。

お手持ちの真珠ネックレスでお困りはございませんか?クリーニング&エステ&糸換えのご用命は下記のメールフォームからお願いいたします。

 

 

 

 

 

真珠のメンテナンス〜④糸替えのススメ

貴方の真珠、こんな風だったら危険信号!
今すぐ当店にお持ちください。

留具を持って吊るしてみてください。糸が見えていたら糸替えの合図です。
早めの糸替えが肝要な理由は、
糸は、真珠の孔口(穴)の硬いエッジによりいつも擦られています。
糸が緩むということは、撚り(より)の緩み=単繊維が孔口で擦れ切れることであり、その本数がどんどん増えやがては全部が切れてしまいます。
緩むまでは時間はありますが、緩んでから切れるまでは想定外に早いからなのです。
切れてバラけてしまう前に、糸が2.5mm以上見えたら危険状態、早めの糸替えをおすすめいたします。

長さの調整や、壊れていたり使いにくい留め具の交換もこの糸替え時に見直してみることをおすすめいたします。ワンタッチで使いやすく、おしゃれなクラスプで快適に。

カスタムメイドジュエリーフジコの糸替えの糸は、切れにくく、伸びにくいGPT(高密度ポリエチレン糸)を使用しています。これは糸とはいえプラスチックのようなもので、伸びない、大変切れにくい丈夫な糸でなのです。
現に糸組みを終えて最後に糸を切る時には、普通のはさみではなかなか切れないのですべりにくい特殊なはさみを使用しているくらい切れにくいのです。
※GPTはグンゼ社の商品名(グンゼパワースレッドの略)でそのキャッチフレーズは「水よりも軽く、鉄よりも強く、絹の輝きを持つ、超高強力糸」とありテント用ロープ、凧糸、アーチェリー弦に仕向けられた産業資材糸の一種です。
糸素材のスレ強度は 絹<テトロン(ポリエステル)<<ナイロン<<<GPT

糸の組み方には2種類ございます。ストレートタイプとオールノットタイプ。
オールノットはすべての珠と珠の間に結び目(ノット)があるので珠同士がこすれにくく、また珠のかたちがくっきり見える効果があります。万が一糸がネックレスの途中で切 れても珠がバラけないので安心です。8mm以上の大きめの珠や結び目の数の分、数センチ長くなるので長くしたい場合にもおすすめです。

また糸以外にナイロンコーティングされたワイヤーを使ったワイヤー組みもございます。
珠の形や珠の穴の大きさが違う場合、ネックレスのラインの仕上がりがキレイなワイヤー組みをおすすめします。

regula
糸組み①ストレートタイプ
クラスプ(留具)から両3珠の間は一番消耗しやすいので結び目を作って強化します。
通常の糸替え代/6mm~/1連/59cmまで ¥2,160

allnots
糸組み②オールノットタイプ
オールノットの糸替え代/6mm~/1連/59cmまで ¥4,860

ワイヤー組み
ワイヤー組みの糸替え代/1連/59cmまで ¥2,160

使いやすいおすすめクラスプ(留具)
image
プッシュ式ボールクラスプ(留具)/8mm/Silver製/¥2,620

image
同じプッシュ式ボールタイプのクラスプを2連のネックレスに使用すればロングにもなり大変便利です。
一本づつの長さは2連時にきれいに首周りに沿うように3cmくらいの差(珠の大きさによります)をつけて変えます。短めのを一本と長めのを一本お持ちになるとお洋服の襟ぐりの深さに合わせて使い分けることができますので実際にお仕立てしていただいたお客様からは大変重宝するとご好評いただいております。パールのネックレスを何本かお持ちの場合は是非ご検討くださいませ。

おしゃれなフロントクラスプ(留具)
image
フロントクラスプ(留具)/Silver製/¥7,500
ロジウムメッキと金メッキ仕上げのコンビ
つや消しとつやありの両面使え便利。2本目のパールネックレスにおすすめです。
ノーマルなパールのネックレスもトップにこんなクラスプ(留具)があることで劇的に見え方が変わります。スーツにまたシャツスタイルのVゾーンにキラリとひと味違うパールネックレスで垢抜けること間違いなしです。

下写真のようにサイズ違いのパールネックレスがたくさんある場合、小珠で今流行のタッセル(房)を糸組みでお作りして途中に金ボールパーツをアクセ ントにワイヤー組みした88cmのロングネックレス。2重に巻いてクラスプ(留具)を前にもってくれば2連のタッセル付きのチョーカーとしても使えます。

image

いろんなサイズや色のパールネックレスを何本も持っているが使っていない、どうやって使ったらいいかわからない、古いパールネックレスを譲られたがどうしようか困っている、などパールネックレスに関するご相談は是非カスタムメイドジュエリーフジコにおまかせください。