美しく快適に使えるパールネックレスの糸換え時における3つのポイント〜南洋真珠編

ちょっと珍しいチョコレート色の南洋真珠、11mmと大珠です。


いざ使おうとしたら留め具が変色してた!クラスプ(留具)の交換と糸換えの時です。

まず最初に糸組みの方法についてです。

南洋真珠や8mm以上の大きい珠は、珠と珠の間に結び目がある『オールナッツの糸組み』がオススメです。珠と珠の間の擦れが少なく珠の形がはっきり見えます。また万が一どこかで糸が切れたとしても珠がバラバラになる不安もございません。

お手持ちのネックレスをチェックしてみてください。ワイヤー組みでシリコンクッションが取れてる、垂らしてみたら糸が見える(緩んでいる)なら糸換えを!

二つ目は糸の色についてです。

濃色の真珠の場合、GPT糸(グンゼパワースレッド)のグレー色がオススメです。以前は白糸しかなかったため黒真珠など濃い色の真珠にも白糸を使用していましたが、このグレー色の登場で糸が目立ちにくくなりました。
この丈夫で切れにくいGPT糸は染めることが大変に難しいということで生産量が少なく取り扱っているお店が少ないんです。糸換えしたら白糸になっていてびっくりしたというお話ございますから、使用される糸の色は要確認です。

参考までにネックレスに合わせた色々な色糸もお選びできます。(ポリエステル糸)オーツナッツ組みの場合は特に結び目が目立ちますので色糸の方が自然な感じで仕上がります。
この場合小さめの珠ですがネックレスの長さを長くしたいとのことでオールナッツで組み5cm長くすることができました。

3つ目はクラスプ(留め具)についてです。

上写真の変色した留め具はワンタッチタイプで使いやすいのですが、裏表がありこのサイズの大珠に合わせると浮いて裏返ってしまうこともあります。10ミリ以上の大珠には裏表のない球体型のデザインのプッシュタイプの留め具がオススメです。
球体型の留め具が使用されたネックレスは珠との一体感が出たデザインになり見た目も美しくスッキリ、上部のボタンを押すだけで取りはずすことができ、着けるときは差し込み側をカチっと押し込むだけ、簡単で使い勝手も快適です。

留め具が小さくて使いにくい、ネックレスのワイヤーや糸に隙間ができているといったネックレスはごぜいませんか?糸換えして、新しい使いやすいパーツに換えるだけで見た目の印象も洗練され、使い勝手も良くなります。パールネックレスの糸換え、クラスプ(留め具)パーツの交換は是非カスタムメイドジュエリーフジコにお任せください。たくさんのパーツを取り揃えていますのでお手持ちのネックレスに合わせてお選びいただけます。

美しく快適に使えるジュエリーには適度なメンテナンスが必要です。

パールネックレスの糸換え時は、クリーニングエステもチャンス!

 

ジュエリーリペア(修理)/シルバーリングの厚みを変える方法

シルバーリングのお直し。一見なんの問題もなさそうな感じに見えますが、リング部分の地金が薄く、真ん中がつながっていないデザインなので着ける度に広がって変形してしまうとのこと。リング部分を厚くして欲しいとのご注文。
修理方法は薄い地金を貼付けるのではなく薄い部分を切り落として厚い地金につけかえます。これはリングのサイズ直しの要領ですが、同様に修理いたしました。修理過程を画像でごらんください。

カスタムメイドジュエリーフジコでは、ジュエリーの修理も承っております。リングのみならず切れたネックレスやブローチ針の修理などお困りのジュエリーがございましたら下記のフォームからお問い合わせくださいませ。

リモデルジュエリー/結婚指輪編

サイズが合わなくなって着けなくなっていた結婚指輪、プラチナと18金のコンビリングなのでサイズ直しは難しいと購入店で断られて長い間そのままになっていたそうです。
リモデル前

直しても着けるかどうか?迷うところ、「直すよりも変えたい」というお客様のお声にお答えしてダイアモンドを足して少しゴージャスに加工いたしました。

image

基本的なリングのデザインは変えずに、サイズ直しをしてダイアモンドを足す加工だけでこんなにも印象が変わりました。

結婚指輪の定番であるごく普通の甲丸型のリングもリモデルしてセンスのいい2連リングに変身します。サイズ直しをして細いリングを足して、ほら♪

2連リング

地金の色を変えてコンビにしたりつや消しにしたりとちょっとした工夫で自分テイストに変えられます。

眠っているジュエリーをリモデルして大切な記念や思い出をセンス良く甦らせませんか?

ジュエリーリモデルのご相談はカスタムメイドジュエリーフジコのサロンにて承ります。
眠っているジュエリーがございましたら下記のフォームからお問い合わせくださいませ。

ジュエリーリモデル/パールネックレス編

お母様から譲られたパールのネックレスを御姉妹で半分に分けられたパールを使って普段使いできるデザインでリモデルしてほしいとのご注文。
流行の片耳ピアスをひとつとアメリカンチェーンピアスを1ペア、リボンネックレスをひとつお作りしました。
image

リボンはとりはずして別の色のリボンに取り替えられますし、結び目で長さを調節できるのでとても便利。2本目のパールネックレスのリモデルにおすすめです。
image

アメリカンチェーンピアスはチェーンを直接耳のピアス穴に通してつけるので前後の長さを変えられます。キャッチレスでも留まりますが、ポイントとして淡水パールでできたピアスキャッチをつければさらにおしゃれに。K18製のチェーンピアスは3cmと5cmの2タイプございます。

アメリカンチェーンピアス
アメリカンチェーンピアス/5cm

黒真珠のピアスをアメリカンチェーンピアスに変えて淡水パールのピアスキャッチを使えば、黒と白の両方使えるワンランク上のおしゃれアイテムに。
チェーンはヴェネチアンタイプと喜平タイプの2種類ございます。

パールネックレスから数珠をお仕立てすることもできます。
パールネックレスを何本かもっている、使っていないネックレスがある、珠だけもっている場合などパール以外の貫通珠製品でも珠の色に合わせた房を使って素敵な数珠をお作りいたします。

IMG_1840

パールネックレスのサイズ調整で抜いたり残っているいくつかのパールを使って、ブローチはいかがでしょうか?

お手持ちのパールネックレスを使ったリモデルのご相談は下記のフォームからお問い合わせくださいませ。

 

 

 

真珠のメンテナンス〜③甦った真珠をいつまでも美しく保つエステのススメ

パールネックレスをいつまでも美しく保つエステのススメ

真珠の品質を永続化させるエステ技術ーマイクロ・パーマネント
真珠科学研究所が開発したナノレベルで真珠層を強化する特許取得(2011年6月)の耐久処理の名称
えっ?エステ?と驚きのことでしょう。
お肌のお手入れに例えるなら真珠のクリーニングがピーリングだとしたら、マイクロ・パーマネントはエステみたいなもの。お肌と一緒で真珠本来の持っている素肌美をさらに発揮させることができるのです。輝くお肌の秘密はつやと透明感、真珠もまた同様なのであります。

真珠科学研究所が開発したマイクロ・パーマネント※は、あくまでも真珠が本来もっている耐久性を向上させる技術であり、コーティングなどの処理とはまったく異なります。ゆえにマイクロ・パーマネントは真珠のお化粧ではなくエステなのです。

施術方法は、真珠科学研究所が開発したパールリフレッシャーという機械で真珠層の表層を研磨(クリーニング)された真珠に、特殊な機会で真空技術を用いて真珠層内に高分子化合物を含浸させます。
クリーニングで甦ったテリと透明感がさらに輝き、手触り肌あたりも大変なめらかになります。
また真珠自体の耐久性を高め、以降の劣化を遅らせます。

image
エステ効果として
①テリや透明感がさらに向上します。
②黒蝶貝やナチュラルブルーの褪色を遅らせます。
③ホワイト系真珠の黄ばみを遅らせます。
④真珠層内の亀裂や破壊を起きにくくします。
⑤経年変化によるひびや割れの発生を起きにくくします。

ご注意
マイクロ・パーマネントは工程上、製品状態では加工できません。
ネックレスの場合は素通し連の状態で施術されますので、糸替えが必要となります。
イアリング、ピアス、リング、ブローチ等の金属部分は外せることができるものに限ります。

高品質の真珠の維持に、譲られた古い真珠のネックレス、譲ろうかどうか迷っているものがある、ネックレスの糸替えまたはクリーニングの必要があるなど、是非この機会にお試しくださいませ。

納期
お預かりから約10日〜2週間後(土日祝を含む)です。

真珠は、使用後にお手入れされず日々の紫外線や温度、湿度の変化にさらされていると劣化現象が起きます。施術後もまた普段のお手入れが欠かせません。
お手入れの中でも最も大切なことは拭くということです。触ったら必ず布で拭いてから、湿気の変化の少ない暗所に密閉保管が基本です。

p06
真珠てりクロス¥648