fujiko.com

ジュエリーのオーダーメイド、リモデル、リペア、リフレッシュ

これは本物の金?メッキ?まずはここをチェック!

calendar

reload

これは本物の金?メッキ?まずはここをチェック!

プラチナや金、銀が使われたジュエリーが本物かどうか?知りたいという方は多いはず。いったいどこで判断したらいいか?誰にでも簡単に見分けるポイントはズバリ刻印を確認することです!すべてのジュエリーには品位表示、いわゆる金性が打刻してあります。指輪の裏側やネックレスの留め具をチェックしてみてください。

金なら「K18」「K14」「750」など

※日本の国旗マークは造幣局認定マーク、政府証明マークと呼ばれる民間で行われた刻印とは別に造幣局の検定を受けた証です。
※750はヨーロッパ製のマーク

プラチナなら「Pt900」「pm」銀なら「925」「Silver」などが押されています。

要注意なのはレーザー彫刻で掘られたものです。この見分けはパッと見だけでは判りにくいかもしれません。刻印は消えているところがあったりまっすぐに打たれていなかったりしますが、レーザー彫刻は均一にキレイに揃っています。ちなみにこのリングは実際、金ではなくタングステンという比重は19.3と金とほぼ同じの希少金属です。レーザー彫刻だからと言って必ずしもニセモノとは言えません、アジアで購入したジュエリーには計測してみたら表示よりも純度が低かったなど刻印通りとは限らない話もございます。刻印はおおまかな目安としてくださいね。

金やプラチナといった貴金属製品でないものの表示にはGP、GF、WGFがあり、GPは金メッキを意味しGF、WGFは金張りを意味します。これは金やプラチナなどの貴金属以外の銅や錫といった金属でベースを作り表面だけ貴金属でおおった製品の品質表示です。

刻印にはジュエリーが作られた国や時代といった背景により様々な種類がありますので上記の表示ではないからニセモノとは一概には言えません。おおまかに見分けるポイントは刻印を見ること。まずは刻印を探してみてくださいね。

気になる刻印があったらカスタムメイドジュエリーフジコまでお持ちください。