いつでも使えるようにパールネックレスの糸換え時の3つのポイント〜南洋真珠編

ちょっと珍しいチョコレート色の南洋真珠、11mmと大珠です。
いざ使おうとしたら留め具が変色してた!クラスプ(留具)の交換と糸換えの時です。

まず最初に糸組みの方法についてです。

南洋真珠や8mm以上の大きい珠は、珠と珠の間に結び目がある『オールナッツの糸組み』がオススメです。珠と珠の間の擦れが少なく珠の形がはっきり見えます。また万が一どこかで糸が切れたとしても珠がバラバラになる不安もございません。

お手持ちのネックレスをチェックしてみてください。ワイヤー組みでシリコンクッションが取れてる、垂らしてみたら糸が見える(緩んでいる)なら糸換えを!

二つ目は糸の色についてです。

濃色の真珠の場合、GPT糸(グンゼパワースレッド)のグレー色がオススメです。以前は白糸しかなかったため黒真珠など濃い色の真珠にも白糸を使用していましたが、このグレー色の登場で糸が目立ちにくくなりました。
この丈夫で切れにくいGPT糸は染めることが大変に難しいということで生産量が少なく取り扱っているお店が少ないんです。糸換えしたら白糸になっていてびっくりしたというお話ございますから、糸の色選び大事です。

3つ目はクラスプ(留め具)についてです。

上写真の変色した留め具はワンタッチタイプで使いやすいのですが、裏表がありこのサイズの大珠に合わせると浮いて裏返ってしまうこともあります。大珠にはプッシュタイプの球体型のデザインの留め具がオススメです。
球体型の留め具は珠との一体感が出たデザインになり見た目スッキリ、取り外しは上部のボタンを押すだけですから使い勝手も悪くないです。

留め具が小さくて使いにくい、ネックレスのワイヤーや糸に隙間ができているといったネックレスはごぜいませんか?糸換えして、新しい使いやすいパーツに換えるだけで使い勝手が良くなり、見た目の印象も洗練されます。パールネックレスの糸換え、クラスプ(留め具)パーツの交換は是非カスタムメイドジュエリーフジコにお任せください。たくさんのパーツを取り揃えていますのでお手持ちのネックレスに合わせてお選びいただけます。

いつでも使えるジュエリーにするには適度なメンテナンスが必要です。

パールネックレスの糸換え時は、クリーニングエステもチャンス!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.